February 28, 2005

バブーシュ

■マティス好きが高じて・・・

「自分基準」で美しい!と思うものは、見ているだけで幸せな気分になります。
その中のひとつは「絵画」。

特に大好きな画家は、デュフィとマティス。どちらの画家も南仏を題材にしたものが多く、作品を見ていると、色彩の大胆さと明るさに、ず、ず、ずーと時間を忘れて引き込まれていきます。

デュフィは、12、3年ほど前に、たまたま入った下北沢のポストカード専門店「BCL pictorial network」で、「黄色いコンソール」という絵のカードを見つけて以来ファンに。鮮やかな黄色の使い方に、一瞬で魅了されてしまいました。その後偶然にも、立て続けに2回、Bunkamuraとニューオータニ美術館で「デュフィ展」が開催され、作品を見れば見るほど、お気に入りに。

デュフィの作品は、ニューオータニの前会長・故大谷米一氏が「オータニコレクション」として収集していたため、鎌倉大谷記念美術館にも多数展示されています。瀟洒な洋館で見る絵は、美術館とは違った雰囲気を味わえます。お散歩コースにもオススメです!

マティスはあまりにも有名ですが、やはり同じ頃から自然と好きになっていました。美術館のショップで、「黄色と青の室内」というリトグラフに一目ぼれしてしまい、ドキドキしながら手に入れてしまったことも・・・。

南仏ニースには、デュフィのアトリエがあり、マティス美術館もあります。作品に描かれている南仏の光と影、風景をどうしても見てみたくて、コートダジュールを訪れたこともありました。

■足元だけでもモロッコ気分♪

マティスの経歴をたどると、ほんの一時期、冬にモロッコに滞在していたようです。マティスの絵を見ると、「黒」がちょくちょく使われているのに気づきます。モロッコ滞在を転換点に、「黒」を闇の色ではなく、光の色として使うようになった、とのこと。戸外の強烈な光を「黒」で表現する、という発想に興味があります。

そんなことを知ってから、「モロッコも見てみたいな」と思うようになりました。今のところ具体的なプランはないのですが、いつ行っても楽しめるように、普段から「モロッコ」に関しても、それとなくアンテナを張っているところです。

旅特集がお気に入りのFIGARO japonでは、2003年11月にモロッコが特集されました。そこで、遅まきながら「バブーシュ」という、モロッコ伝統の羊の皮製の履き物のことを知ることに。

30886bae.jpg


先が尖った形のものや丸いもの、皮以外にも布製だったり、バリエーションは豊富のようです。モロッコでは多くの人がこのバブーシュを履いて町を歩いているほか、フランスのB.C.B.G.の間では、マストアイテムとされているのだとか。

ちょうど室内履きを探していたところだったので、そのことを思いだし、試しに買ってみることに。ハンドメイドのため、左右の形が微妙に違いますが、履き心地はバツグン♪

革がなめらかで柔らかく、土踏まずにはクッションが入っていて、とても気持ちイイ・・・。足に吸い付く感覚です。冷え性で、家の中では靴下を必ず履いているのですが、このバブーシュは暖かい肌触りで、素足でもOK!逆に、夏はひんやりとするみたいで、心地よく履けるそうです。それに、甲のキラキラな刺繍も、履いているだけで楽しい気分にさせてくれます。

近いうちに行くことを夢見て、まずは足元から、モロッコ気分を味わっているところです。

at 01:05│ 使って楽しいモノ