April 11, 2005

春・爛漫♪

■花見の穴場、発見!

金曜日の晩は、古くからの友人達とここで食事。
ここのご自慢、「鴨白レバーとバナナの串焼き」、「半熟玉子の舞茸ソースがけ」などを堪能した後、アイスワインが飲める、というホテルオークラのバーへ向かうことにしていました。

お店を出たら、すっかり春めいた空気が充満?。
そんな中をてくてく歩くのは気持ちがよくて、大好きなことのひとつ。夜が明けるまで歩き続けてもいいくらい!みんなもそう思ったのか、ちょっくらオークラまでお散歩しよう!と自然に相成りました。

付近の超高級住宅街の路地を、こっちを曲がってみよう、あっ、行き止まり、じゃあこっち・・・、と深く入り込んでしまったこと約10分。いきなり目の前が開け、ちょっとした高台の上に出てきました。

67999f24.jpg
目の前にドーンと現れたのは、間近に見える六本木ヒルズ。眼下の小さな公園には、満開の大きな桜の木が密集して、そのコントラストに思わず感激の声♪

公園に駆け下りてみると、しっかりしてこじゃれた木製のテーブルとベンチが2組。そのひとつには、「We will use this table from 11:30am tomorrow, Apr. 9th!!」と、外国人さんによる場所取りの張り紙があります。

それじゃあ!、と紙とペンを探り出し、もう一つのテーブルに同じ時間帯に場所取りの張り紙を・・・。バンドエイドで貼りつけたら、もう、すっかりワクワクドキドキ♪アイスワインそっちのけで、その近所に見つけた古い民家を改造したバーで飲みながら、突然に決まった「お花見プラン」を立てながら夜が更けたのでした。

■花より・・

翌朝、友人からのメールで慌てて目を覚まし、待ち合わせ場所のFOOD MAGAZINEへ。
昨晩の打ち合わせでは、そこでお惣菜やら飲み物やらを調達するくらいでいいよね、急に決めたことだし・・・、ということで。

向かう途中、メンバーのひとりから「今、フォカッチャを焼いているのでちょっと遅れます!」とのメールが。昨晩、一緒に深夜まで飲んでいたのに、なんとまぁ、朝から生地を醗酵させていたのです。彼は普段からプロ級の料理の腕前を発揮していましたが、今回、またもや大活躍です♪

昼頃、現地に集合!
ロマンチックな夜とはまた違った、ご近所の人達が集まるようなほのぼのとした様子の公園です。

近所の子供達が何組も元気に遊んでいたり、公園に面したマンションからお弁当を持って、くつろいでいる家族もいたり。耳を澄ませると、聞こえてくる声はほとんど英語です。周囲の道路を歩くのは、近所の住民とおぼしき外国人ばかり。外国人比率は80%くらい、といっても大げさではない環境です。

場所取りをしていたテーブルは、張り紙を剥がされていたものの、無事に空いていました。お天気はいいし、おなかは空いているし、それでは早速かんぱ?い♪

5dd0dd39.jpg


友人お手製、オリーブ&アンチョビと、炒めオニオンのフォカッチャをメインに、桜の季節の午後をのんびり過ごしました。

そうそう、もちろん桜も忘れずに・・・。

860df5eb.jpg
 869496da.jpg


17f170a4.jpg
また、公園の近所に、いかにもこだわりの日本酒ばかりを集めてます!という風格のある酒屋さんも発見。

ここでは、利酒会を開いていたり、さまざまな活動をしているようなので、日本酒好きな方には有名なお店なんだろうな・・・、と確信。

すず音で有名な、あの「一の蔵」の季節限定品、発泡日本酒「花めくすず音」を友人がそのお店で見つけてきました。

黒いボトルにはピンクの文字がうきあがり、桜の花びらがひらひらと。グラスに注ぐとしゅわしゅわと泡がたち、ほんのり桜色。まるでロゼシャンパンのようです。上品な甘味が花見気分をますます高めてくれます。桜を愛でながら飲むのに、これ以上ぴったりのお酒はないでしょう!

来年のお花見は、どこでどんな風に過ごすのでしょうか。また偶然の出会いに期待して過ごすことにしてみます♪

at 00:16│ 日々のデキゴト