April 25, 2005

月光荘

■新たな習い事

今月から、チーズプロフェッショナルという資格を取るために学校へ通い始めました。

小学生の頃からチーズが大好きで、遊びから家に帰る時、「今日の晩ごはんは、鶏肉とチーズとジャガイモでありますように・・・」と、毎日毎日お祈りしていたほど、今思えばおバカな子供でした。その3つの組み合わせが、もぉ最高の大好物だったのです。

大人になってからはさすがにそこまでの熱はなくなりましたが、それでも未だ冷めやらず、です。

普段も時間があるときは、チーズ屋さんを覗いて心惹かれるチーズを買って帰るのが楽しみのひとつ。フレンチを食べに行って、お腹とお財布に余裕のあるときには、デザート前にチーズを楽しんだり、旅行先で珍しいチーズがあると必ず試してみたり、3、4年前にはチーズ図鑑の新書判が刊行される!、と聞いた途端買いに走ったり、仕事で疲れ果てた時は、普段より贅沢なチーズを買って帰り、ストレス解消と元気付けにしたり・・・。

■画材屋さんのスケッチブック

いざ勉強を始めてみると、頭の中にぱらぱら散らばっていたことが、徐々にきゅっきゅと集まってくるような心地よい感じ。

そうは言っても、今は必死でフランスチーズ42種を覚えているところ。通勤電車の中や、時にはお昼休みを使って暗記に励んでいます。資格取得は難関、と聞いているので、たとえ試験に受からなかったとしても、頭の整理と今後の楽しみに役立てよう!と自分を励ましています。

そんな勉強のお供に選んだのが月光荘のスケッチブック。

dadfdd8d.jpg


大正6年創業、ラッパがトレードマークの、銀座にある画材店のスケッチブックです。

紙の種類が4タイプ。画用紙みたいに厚いものもあれば、メモをするのにちょうど良い薄さのものもあります。「勉強用」にはその薄手のものを選びました。紙には1cm毎に小さな点が打ってあるので、文字を書くにも線を引くにも好都合。表紙の色もいくつかあるので、選ぶ楽しみもあります。

a74f2a46.jpg
絵を描く人には有名なお店かもしれませんが、一切、絵を描かず(というか、描けない・・・)、もっぱら鑑賞専門の私にとっては全くなじみのなかったお店です。

ただ以前に、何かの記事で月光荘のスケッチブックのことを知り、ず?っと頭の隅にひっかかっていました。

今回、久しぶりにお勉強をすることになったのでノートが必要!とあらば・・・、と、このお店のことを思い出し行ってみたのでした。

店内に入ると、親切な店員さんが冷たいお茶を出してくれ、商品をひとつずつ丁寧に説明してくれるのです。店内の写真を撮りたいな、とダメ元で申し出たら、快くOK!

お店には常連さんが来ることが多いのか、見なれぬ私の顔を見て、「初めていらっしゃったんですよね?」と、お店の歴史と画材道具へのこだわりを紹介する紙まで手渡してくれました。

スケッチブックだけ選ぶつもりでいたのが、そうするとモノに愛着が生まれ、えんぴつ、鉛筆削り、消しゴム、練り消し、カルトン(紙ばさみ)までついつい買ってしまいました。

練り消しは、文字や線を消すのにはもちろん、グラスを割ってしまった時の細かいカケラや、取りにくいホコリをぺたぺた取るのにも重宝♪、ということを思い出し、今回は、掃除道具として買っておきました。

何事も形からはいってしまう性質。あとはチーズの勉強がはかどりますように。

そういえば、このお店のラッパのマーク。
ストックホルムで見た、郵便ポストのマークと似ています・・・。

62a4c449.jpg


at 00:40│ 使って楽しいモノ