May 09, 2005

たんぽぽ堂のシェーヴルチーズ

■チーズの愉しみ

4afec4e6.jpg
チーズの勉強を始めて1ヶ月。がぜんチーズを楽しむ機会が増えてきました。奥の深さと美味しさを知れば知るほど、楽しむのが仕方ありません。

学校でのさまざまな種類の試食に加え、自分で選んで買う頻度もそれまでの倍以上!

毎年、夏の終わり?春先まで期間限定で造られるというモンドールというチーズは、モミの木の樹皮で巻いてあり、熟成もモミの木の棚の上でおこなう、というもの。クリスマスの食卓にとても合いそう。

食べるときは、表皮をナイフで削り、中のとろ?りとしたチーズをスプーンですくって。茹でたてのジャガイモやクルミパンにつけたり、表皮を削ったところに白ワインをちょっぴり注ぎ、モミの木箱ごとオーブンに入れてチーズフォンデュにしてもOK♪

毎シーズン、チーズ屋さんでは外見だけ眺めるだけでした。今回、学校で教えてもらって以来、どうしても食べてみたい、でもシーズンは終わってしまったところだし・・・、次のシーズンを待とう!とあきらめていたところ、偶然、今シーズン最後のモンドールを発見♪お値段に一瞬躊躇したものの、即買いです。モンドール初心者は、ワインにクルミパンとジャガイモを用意して、早速心ゆくまで堪能しました。

■たんぽぽの咲き乱れる丘

86c29bc0.jpg
GW後半は、ということで、ヤギのチーズ造りを見学に!

チーズの先生を筆頭にクラスメイト10人で、長野県青木村にあるたんぽぽ堂へ。

サントリーでモルツビールの開発に携わっていらっしゃったご主人が、奥様と一緒に長野に移り住み7年目。

今ではかわいいヤギ達とアイちゃんという犬と一緒に、澄んだ空気と水と草木に囲まれながら、ヤギのチーズ造りに精を出していらっしゃいます。

到着後、早速ヤギ達とご対面。牧場の入り口付近で、生後数ヶ月のちっちゃな黒ヤギちゃんがとことこお出迎え。私達をみんながいるところへ案内してくれます。その愛らしさと人なつっこさに、もぉノックアウト。ヤギがこんなにキレイでかわいらしいだなんて・・・。穏やかな気持ちになります、本当に。

ひとしきり一緒に遊んだら、ロッジに戻ってチーズの説明です。私達の到着が遅くなってしまったため、チーズ造りの仕込みはご主人が既にしていてくれていたのです・・・。

あとで分かったことですが、非常に衛生面に気を遣っていらっしゃるので、チーズ造りの体験は難しいようですが、見学はすることができます。

たんぽぽ堂で造るチーズは、もちろんシェーヴルチーズ(山羊乳製のチーズのこと)。
カマンベールチーズ、ブルーチーズ、クワルクチーズ(フロマージュ・ブランのヤギ版)、ヨーグルトドリンク、ヤギのミルクがあります。

37845219.jpg


味見をさせてもらうと、シェーヴル特有の酸味がキツクなくとても穏やか。ブルーチーズもそう。わー、美味しい♪と、みんなで顔を見合わせました。

ご主人の話を聞いていると、愛情を込めてヤギの世話をしている様子や、それに伴う苦労もうかがえます。こんなに丹精こめて育てているからこそ、如実に風味のよさとなって現れてくるんだ、と実感できる味です。

ついつい質問したり、ご主人が熱心に答えて下さるのであっという間に時間が過ぎていきます。奥様の「盛り上がっているところ申し訳ありませんが、あなた、山へ行って行者ニンニクを採ってきてくださる?今晩のおかずに使うのに間に合わなくなってしまうでしょ」との声が。

ということで、私達はたんぽぽ堂からすぐそばの田沢温泉有乳湯で汗を流してさっぱりと。帰ってきたら待ちに待った夕食です。

夕食からは、ワインインポーターのこれまたステキなご夫妻と合流!
私達の先生とはお仕事を通じて知り合った方だそうで、ワインインポーターご夫妻はたんぽぽ堂のご夫妻と、以前から懇意にされていたそうです。

■チーズにもまして!?

さて、奥様ひとりで用意をしてくださったメニューは、地のもので満載!

・ネギトロとクワルクチーズのマリアージュ、わさび醤油和え
(大好評の嵐!私も早速真似して作りました。ワインにぴ?ったり。)
・千切りじゃがいもの膾
・青菜のおひたし
・ヤギ肉のステーキ
行者にんにくの餃子
(これもすこぶる大好評!ハイエナのように群がり、一瞬で消え去ってしまいました。春だけ堪能できる感激のお味)
・地元で獲れた鯉のから揚げ野菜あんかけ
・おいしい水で炊いたごはん+ぬか漬けキュウリとナス

それ以外にもかなりの数のお皿が食卓に並びました。(ワインが回っていたので記憶があいまいなのが残念・・・)

7353c716.jpg
奥様は、キッチンで夕方5時頃から夜中の12時まで結局立ちっぱなし。私達へ次から次へと美味しいお皿を届け続けてくださいました。感激と同時に頭の下がる思いで一杯。

ワインインポーター氏が運んできてくださった素晴らしい数々のワインも、みるみる空になっていきます。

メンバーの大半がソムリエやワインアドバイザーのため美酒・美食の話は尽きない上に、ご主人の穏やかな話ぶりもあり、さながら和やかなホームパーティのよう。空けたワインのボトルを朝起きて数えてみたら・・・う?ん。

そんなに飲んだ翌日でも、皆、とても早起き。7時に起床、それからヤギの乳絞りを見学、の予定が、6時ごろから起き出して準備万端。この人達のパワーの源は、一体どこから?

そしていたく感激したのは、朝ご飯の美味しさとそのボリューム!!どこかへ宿泊してこのような朝ご飯を頂いたことは、今までのそれ程多くない経験上でも記憶がないくらい。

・新鮮なヤギのミルク
・ヤギのヨーグルトドリンク
・ヤギのミルクで作った自家製焼き立てパン(皮が香ばしくサクサク。中はふ?んわり)
・たっぷりの新鮮な野菜サラダ
・カボチャのココナッツミルク煮
・具だくさんの野菜とベーコンのスープ
・近くの川で獲れたマスのソテー、アスパラガスとトマトを添えて・・・。

こうなるとワインインポーター氏がごくごく自然に、冷えたリースリングのコルクをポン!
ステキなロッジから眼前に広がる緑濃き山の風景が、さらに食欲を促してくれます。

そして最後は奥様から酒豪集団への思いやり、ワカメ、ニラ、白ごまの雑炊で幸福なあさごはんを締めくくり。もちろん全員完食です!

■旬を感じる生活

おいしい水で淹れた香り高いコーヒーで満腹のお腹をさすりながら一服後、ヤギの乳絞りを見学。

f3a3141c.jpg

朝は小屋の中でエサを食べる時間。乳絞りされるヤギは搾乳台に嫌がらずにちゃんと昇っていきます。それもそのはず、エサ箱が頭の位置に・・・。消毒してもらい、清潔な搾乳機で絞られていくと、パンパンに張っていたオッパイがどんどんしぼんでいきます。

小屋の中では、生まれたばかりの小ヤギがぴょんぴょん飛び跳ねていて、ものすごく愛くるしい。大事なオッパイもらっちゃってゴメンネ。

あとは、昨日見学するはずだったチーズ工場も見せてもらいました。
授業でチーズ造りの行程を学びましたが、目の前で見せてもらい、添加物をなめさせてもらったりすると、頭への入り方が全然違います。まさに百聞は一見にしかず。

ご主人のここまで軌道に乗せるのにされてきたご苦労や試行錯誤を思うと、たんぽぽ堂のチーズ達が自分の子供のように思えてくるだろうな、と感じ入りました。

奥様の「ヤギのミルクは、当たり前だけど赤ちゃんが産まれないと出ないの(注:出産期は春)。だから冬にチーズは造れないのよね。時々いらした方で『通年でチーズを造れないとは製品ではないね』とおっしゃる方もいますけど、私達はそう思われて結構。旬を感じて生活することが本当に人間らしい生活なんだ、って実感する毎日ですよ。」との言葉がとても印象的。

そう、ちょうど私達と入れ替えにTVの取材が入ったそうです。

5月23日(月)19:00-20:00@テレビ東京で、このたんぽぽ堂のご夫妻が紹介されるとのこと。ご興味あって機会があれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

at 00:02│ チーズまわりのコト