June 20, 2005

いざ図書館へ

■どうせやるなら

チーズプロフェッショナルの試験まで、あと1ヶ月ちょっと。

ほっつき歩いてばかりいないで、そろそろ本腰を入れないと・・・、と思いつつも、なかなかエンジンがかからない。ちょっとした時間を見つけて、細切れに頭に入れているだけでは、ん?厳しいな。

チーズの先生は、補習を何度もやってくれるし、なんといっても説明が非常に分かりやすい!それにとても親身で熱心。

この前の授業では、いつもの試食に加えて、抜き打ちでブルーチーズ6連発なるブラインドテストまでやってくれました。結果は惨敗だったけど・・・。

クラスメイトも、仕事をまったく離れたところで気を許せるような楽しい人達が揃っているし、いい学校に入ったなぁ、と、そのご縁に深く感謝する割には、肝心の勉強が・・・。

そこで、せっかくやるなら、「私ったら勉強しちゃっているわ気分」を高めよう!と、思い立ったのが図書館へ行くこと。普段やらないことをしたいなぁとも思い、近所の図書館ではなく、古き良き時代(!)を過ごした母校の図書館へ。

debd7b28.jpg

■○*年ぶりのキャンパス!

電車に乗ること数分で、大学1年生を過ごしたキャンパスへ到着!そんなに近いのに、卒業してから立ち寄ったのは、多分1、2回ほど。いくら距離が近くても、用事がなければ行くこともないものなのね。

駅に降り立つと、周囲の様子はすっかり様変わり。残念ながら、当時の面影はまったくなし。でも駅の外へ出て、キャンパスへ続く並木道を見た途端、当時の記憶が出てくる、出てくる。普段、思い出すことのなかった出来事があふれ出てきて止まらない?。

でも改めて数えてみたら、気の遠くなるような年数が過ぎていたのよねぇ。 愕然としたもののすぐに気を取り直し、懐かしさで胸が一杯になりながら、いざキャンパスへ。

15600c6b.jpg
時間がもったいないし、図書館へ着いたら、さっさとチーズの本を開くぞ!と息巻いていたのに、構内に入ったら、そんな思いはどこへやら。

授業の前後に必ず立ち寄っていた学食が消え去って、ガラス張りの吹き抜けのあるモダンな建物に変わっていたことにちょっぴりショック。

おしゃれなカフェテラスになっていて、緑に囲まれたオープンテラスまである。うらやましいな?。

他の場所はまさか変わってないだろうな、と、この目で確かめたくなって、キャンパス内をてくてく一周。

嬉しいことに、他に変わってしまった所は見当たらなかったけれど、キャンパスの奥まった所にあって、当時はまだ新しく、そこでお茶するのがなんとなくオシャレに思えた建物が中途半端に古びていて、あ?あ、時の流れを感じずにはいられない。

と、感傷にひたってしまい、つい何をしに来たのか忘れるところだった・・・。
あわてて図書館に入り、懐かしさにひたりながらも、席を確保。そうそうこんな座り心地だった。

改めて辺りを見まわすと、週末なのに意外と勉強している学生が多い。偉いなぁ。それと、目の合う学生さん達の表情が面白い。「えっ、まさか学生じゃないだろうな」という表情。はい、違います。

結局、テキストを開いていたのは小1時間程度。でも、つかの間のタイムトリップで、感情と頭の中がすっかりリフレッシュ!勉強はまた次回に、ということで。

at 01:13│ 日々のデキゴト