August 22, 2005

タイ料理の必需品

★アクセス数、一挙に4倍増!(一瞬のことだけど・・・)

先週の土曜日のこと。

日経新聞の土曜版、「Nikkei Plus 1」を読んでいたら、タレントのはしのえみさんのインタビュー記事が。彼女もアロマテラピー・アソシエイツのバスオイルを愛用している、とのこと。

ふ?ん、そうなんだ・・・、とさらりと読み流していた私。すると、その日のブログのアクセス数が、なーんと、普段の4倍に。

「ドリコムブログさんったら、またサーバートラブルかな・・・?」と、目を疑ったものの、そんなアナウンスが一向に流れない。

そこで、どんなキーワードで検索してたどり着いてきたか分かるページがあるので覘いてみると、「アロマテラピー・アソシエイツ」という言葉がぞくぞく。

その日以来、さすがに4倍とはいかないものの、連日、普段の2倍ものアクセス数が続いています。ありがとうございます!

(お気に入り経由でアクセスしている場合は現れてきません。検索経由の場合だけ分かるようになってます。念のためね。)

メディアの影響力の話はよく聞くけれど、その余波を実感したのは今回が初めて。とにかく、今後もみなさまのお越しを、心よりお待ちしております♪

■気分は原始人

さて、残暑厳しいこのごろ、急にタイ料理が恋しくなり、久しぶりにクロック(石臼)の登場。

58bb4956.jpg


何年か前に、タイ料理を習っていたころ、先生の自宅にあったクロックに一目惚れ。どっしりしていて存在感があるけれど、シンプルな石の塊を加工しただけ、っていう単純なところに惹かれてしまった。

日本でも買えるのかな?と思い、先生に尋ねてみたら、「カルディ経由で買えるはずよ!」とのこと。

その後迷わずカルディに電話して、タイから取り寄せてもらい入手した次第。(たしか、ネット通販では取り扱っていなかった記憶が・・・。)

届いてみると、ずっしりと重い。体重計に乗せてみたら、直径20cm程度なのに5kgも!

付属のこん棒(と、呼んでいる)もしっかりした重さのため、ほとんど力を入れなくても、硬い粒コショウや山椒を潰すのがラークラク。同時に、石器時代の人になった気分も味わえます。

e638e898.jpg
タイ料理は、このクロックで、にんにくや粒コショウなどを潰してペーストを作ることがほとんど。

それさえ作ってしまえば、あとは煮込むなり、和えるなり。

思っている以上に簡単で美味しく、スパイシーなタイ料理のできあがり!

今回は、私の十八番、クン・オップ・ウンセン(エビと春雨の土鍋蒸し)、という料理を作りました。

ペーストには、コショウ、にんにく、山椒などをたっぷり利かせ、あとはショウガのスライスと共に、材料や調味料と煮込むだけ。

爽やかな山椒とショウガの風味が利いて、食欲がもりもり沸いてきます。エビの出汁をたっぷり吸い込んだ春雨もたまりません。

毎年、夏になると食べたくなるこの料理。クロックの出番もこの時だけ、と思いきや。夏の涼をとるのに、クロックに水を張り、色鮮やかな花やウォーターレタスを浮かべたり。2度美味しい石の器です。

at 00:25│ 使って楽しいモノ