September 26, 2005

たんぽぽ堂、再び

■ヤギ達と再会♪

8390ade4.jpg
恒例となったチーズ仲間との、たんぽぽ堂・秋の訪問。今回は11人が集合!

道中、一面黄金色にきらきら輝いてる田んぼを横目でみながら到着すると、コスモス、沈丁花などの色鮮やかな花々や、すいすい飛び回る赤とんぽがお出迎え。タンポポの咲き乱れる5月に訪れた山は、もうすっかり秋の気配です。

ぴょんぴょん飛び跳ねながら前回私達を出迎えてくれた、ちっちゃな黒ヤギのクロちゃんは、愛らしさを残しながらも、すっかり大人らしくなっていました。

一匹、一匹、なんとなく特徴があるので、しばらく会わなくたって分かるものなんですね。

c0152d4c.jpg
今回の目的は、ヤギ乳製のカマンベールチーズの作り方を、一通り、見学させてもらうこと・・・。といっても、それは表向き。

真の目的は、たんぽぽ堂のおかあさんが作る美味しいお料理の数々とワインを肴に、みんなとおしゃべりを楽しむこと♪

ということで、まずは、オモテ目的のため、三角巾、エプロンを着け、ビーチサンダルに履き替えたら、たんぽぽ堂のチーズ工房へ!

サンダルの裏を殺菌し、手をしっかり洗って入室。美味しいチーズを作るためには、当然のことですね。

496c5ab8.jpg
そこでは、たんぽぽ堂のおとうさんが、搾ったヤギ乳を殺菌中。2つのタンクに入ったミルクのひとつをヨーグルトドリンク用に、もうひとつをカマンベール用に、と作業をしていました。

たんぽぽ堂のチーズはすべて手作り。おとうさん一人で、搾乳から、殺菌、発酵、型詰め、熟成・・・、とすべてひとりでこなしています。

前回は工程の一部だけ見学させてもらいましが、今回は、殺菌?型詰め、という、熟成庫に入れる前までの工程をすべて見学しました。

テキストで勉強していては想像しきれないような細かい作業や道具の使い方に、改めて「へ?」を連発。

例えば、できあがったチーズの表面についている線。これは、筒状の型に敷いてあるシートの跡がついたもの(この写真では白いメッシュのシート跡がつきます)。言われてみたら確かにそうなんだけど、この目で見ると、な・る・ほ・ど。

チーズ作りには、温度管理がとっても大切。微妙な温度調節とタイミングを見ながら作業を進めていくのは、想像以上に大変なもの。それを知ってしまったからには、ここのチーズを食べるときは、特に心して口に入れないと・・・。

f57b2021.jpg
 59d83552.jpg

さぁ、すべての作業が終わって、待ちに待った晩ごはん♪

おかあさんの美味しい手料理は、今回も期待以上の品が次々と・・・。もちろん、おとうさんの作ったチーズも食卓に。この感動をいつでも思い出せるよう、ワインに酔いしれながらも、一品一品、カメラに収めておきました。

楽しい仲間達とのおしゃべりも2時半ごろまで続き、本来の目的も達成!翌朝は、眠いながらも8時ごろにはすっきり目覚め、爽やかな空気の中で朝ごはん。ふ?、深呼吸して全身を総入れ替えです。ここは何度訪れてもいいところ・・・。違う季節にも訪ねてみたいし、もちろん、来年にも。

そう、おとうさんの作るカマンベールチーズなどのチーズ類ルヴァン富ヶ谷店に、ヨーグルトドリンクは、東京駅丸の内南口構内のKIOSKにも置くようになったそうです。

ただ残念なのは、たくさん作ることができないため、すぐに売り切れになってしまうこと。「お店に行ってみたけど売り切れて買えませんでした・・・」と、連絡をくれる人もいるとのことです。ご縁があれば、ぜひ!

今回作ったカマンベールが出来上がるのは2?3週間後。送られてくるのを、今から首を長くしています!

at 00:21│ チーズまわりのコト