November 21, 2005

初冬のチーズ強化週間:その2

■「フランスチーズ鑑評騎士」の会

762c75fb.jpg
フランスチーズの普及に貢献した方々が受け取る勲章、シュヴァリエ・デュ・タストフロマージュ

その方々が集まる年に1度のパーティに、チーズの先生のお供で参加してきました。先生も、この勲章を数年前に授与されています。

今年新たに20名のシュヴァリエが誕生!とのことで、その叙任式、その後、懇親パーティが続きます。

平日の開催だったので、仕事帰りに懇親パーティから参加してきました。
(↑の女性は、フランソワーズ・モレシャンさんです。一緒に写真も撮ってもらいました♪)

少々遅れて到着すると、着席ビュッフェスタイルの会場は、それはそれは華やかな雰囲気。

e7ebd552.jpg
色鮮やかな帽子やドレス姿の女性、緑のリボンの先についたメダルを首から提げたシュヴァリエの方々など、まるで中世のパーティのような雰囲気に包まれていました。

指定されたテーブルへ向かうと、先生が同じテーブルの方々と談笑中。

テーブルへ向かう間にも、会場の両脇に並ぶお料理が気になってしまい、席に着くなり挨拶もそこそこに、すぐにお料理へ突進してしまいました。

さすがシュヴァリエの集いだけあって、メニューも垂涎モノばかり。
オマール海老、和牛リブロース、イベリコ豚骨付きロース、鴨胸肉、蝦夷鹿などの肉・魚系の充実ぶりはもちろん、チーズを使った料理も豊富!

秋野菜を蒸したものにロックフォールソースをかけたもの、丸ごとポテトにカマンベール、ミモレット、ブルー・ド・ブレスを詰めて焼いたもの、ブリの燻製カルパッチョにはコンテがスライスされていました。

中でも行列ができていたのがチーズ・プラトー
フランス産のチーズあれこれが一堂に並び、好きなものを好きなだけ、お皿にとってもらえます。

ルブロション、サレール、マンステール、マロワールなど、熟成状態がすこぶる良く、たっぷりお腹におさめてきました。

デザートにも感激♪8種類のうち、チーズを使ったモノが5種類。サンタンドレのレアチーズケーキ、コンテのベイクドチーズケーキなどある中で、一番気に入ったモノは、ロックフォールチーズのアイスクリーム
4da3434b.jpg
 f6fee1a6.jpg

ロックフォールは羊乳製のブルーチーズ。ピリっと鋭い風味のチーズなのですが、アイスクリームに化けた見た目は、普通のバニラアイスクリーム。口に入れた瞬間もその鋭さはなく、むしろ甘いミルクの風味がたっぷり。後から追いかけるように、「あっ、ロックフォールだぁ・・・」と分かる感じ。余韻にひたるアイスクリームでした。

私の先生の「先生」にお目にかかったり、チーズプロフェッショナル協会の方とご挨拶したり、チーズに関わる活動をされている方がこんなにいらっしゃるなんて・・・、と感動した夕べでした。

at 01:40│ チーズまわりのコト