March 27, 2006

PERIGOTの衣類入れ

■旅のお供に

食べることと同じくらい、旅行が大好き。国内ももちろん、海外も。知らない空間にポンっと放り込まれているうちに、その街の色とニオイと音が体に入ってくる、そんな感覚が大好き。

数えてみれば、今までに旅してきた国は20カ国、45都市ほど。

リピートしている街もあるので、延べにすると50都市を超えています。目指せ兼高かおる!ではありませんが、我ながら、よくもまぁ歩き回ってきたことか。アフリカと中南米が、私にとって未開の地です。

気心の知れた人と一緒の旅もあれば、気ままに心ゆくまで楽しんだひとり旅も数多くあり。

どの街も印象に残らない所はなく、出会った人たち、美味しかったもの、その時その街で感じたことなど、数々のエピソードは、 いつでも頭の引き出しから、ありありと引き出すことができるのが大切な財産です。

さて、旅する上で、必ず行うことといえば荷造り。旅の前はいつも、荷造りからワクワクします。

スーツケースは、長旅用に年季の入った昔ながらのサムソナイトを愛用していますが、ここ5年ほどは、イタリアで一目ぼれして東京で買い求めたマンダリナ・ダックが活躍中。

そしてスーツケースの中は、PERIGOTの衣類入れを組み合わせて。これが実に重宝。

2276358e.jpg

サムソナイトの時は大2つと小2つ、マンダリナ・ダックの時は大・小1つずつ使うと、すっきりぴったり収まるのです。 残りの空間に靴や洗面道具を詰め込みさえすれば、パッキングはこれでOK!

5ba15003.jpg
乱雑になりがちなスーツケースの中は、このおかげで、いつもすっきり。国内旅行でも、ボストンバックにポンっとひとつ放り込んでいます。

また、衣類入れが入っていた布袋も、ロゴとイラストがなんだか可愛くて、それだけで収納袋として使えるのも魅力的。 (洗い過ぎで、色がだんだん落ちてきてしまいましたが・・・)

みなとみらいにQueen's Eastがオープンした当初、ヨーロッパからやってきたステキな雑貨店を集めた売り場がありました。ORDNING & REDAを知ったのもこの時。

残念ながら、数年前にその売り場はなくなってしまったのですが、当時、そこに入っていたPERIGOTに首ったけ。

収納用品や、キッチン道具、旅行関連グッズに心奪われ、衣類入れのシンプルでいてセンスの良い姿に出会った時には、迷わずまとめ買いしたのでした。

それ以来、10年近く愛用していますが、「見てくれのよさ」、「使いやすさ」、「家で丸洗いできる」、これに勝るモノなし!旅好きな友人にも、大・小セットにしてプレゼントしたところ、今でも喜んで使ってくれているようです。(良きモノは広める!伝道師魂)。

横浜元町にPERIGOTを扱っているお店があるようですが、大きなショップがなくなってしまったのは、かえすがえすも残念です。数年前、パリのルーブル美術館の地下のショッピングモールでPERIGOTのお店を見つけましたが、今もあるのでしょうか?

そんなところに嬉しいニュース!なんとフラン・フランで、最近、PERIGOTの商品を一部扱い始めたようです。ただ、サイトを見るにまだまだ品数も少なく、オリジナルのデザインも進化しているのでしょう、当時とはちょっぴりテイストが違ってきているみたいですが・・・。

さて、週末は、このお気に入りのPERIGOTで荷造りして、今年2回目になる旅をしてまいります。 帰国は月曜日。次回の更新は、いつもより遅くなりますのでご承知置きを?。

at 00:35│ お気に入りのモノ