April 17, 2006

ベージュ東京

○先週来、出会い系サイトからのスパムコメント・トラックバックが急増し、しばらくコメントを受け付けるのを控えさせていただきます。ブログ運営のドリコムさんが対応策を検討してくれているようなので、様子を見ながら復活させていきますね。ご了承ください。

■誕生日のお祝いに

友人が、「誕生日のお祝いに・・・」と、ベージュ東京のランチに予約を入れてくれました。噂に色々聞いていたところだったので、この日を待ちわびて。

いざ、店内へ入ると、大勢のスタッフがお出迎え。笑顔で挨拶を交わしながら歩を進めてみるものの、慣れない私は席に着くまでの間、品定めをされているようで、冷や汗ものでした。

選んだメニューは、野菜をコース仕立てにした「ベジェタル」3品に、アラカルトで牛フィレ肉のステーキを選び2人でシェア、そしてチーズの盛り合わせをオーダー。

飲み物は、食前酒にアラン・デュカス特製のシャンパーニュ。深みのある黄金色で、ゴージャスさを感じさせるものでした。ワインは、最近のお気に入りで、リストにあれば頼んでいるという、ブルゴーニュの白を最後まで。

eca7214c.jpg
c3f97d78.jpg
6de9bd26.jpg

こちらのお料理にはもちろん、器や調度品にも、アラン・デュカスのこだわりがあちらこちらに散りばめられているようです。

例えば、テーブルの上に備えられているメモパッドとえんぴつ。

店内ではフラッシュでの撮影が禁止されているとのことで、お皿をデッサンするために、わざわざスケッチブックを持参されるお客様もいるのだそう。それは傍目にはエレガントではないので、どうぞこのメモをお使いください、ということから用意しているのだそう。(フラッシュを使わなければ撮影OKですよ、と今回は許可を頂きました。)

c053e1d1.jpg
b6c671bf.jpg

また、肉用のナイフの持ち手は、店名と同じ「ベージュ」色をしたノルウェー産の白樺製。

10年に1度の割合で、白ではなくベージュがかった色になる白樺を選び、アラン・デュカス用に作られたナイフだそうです。刃のデザインも凝っていて、「刃」に見える側が実はデザインで、本当の「刃」は、そうは見えない側になっている、という細工がしてあります。「ん?切れにくい・・・」と感じた時は、逆サイドを使っているのかもしれませんね。

その他にも、ベージュ色をした漆の箱(やはりデュカス特製とのこと)にシルバー類を入れていたり、ランチョンマットと、卓上の塩の色とのコーディネーションなど、ちょっと目を凝らすだけで、多くの小さなこだわりに気付くのです。それだけでもとても楽しい?♪

お店の方に話題を振ると、そのココロを色々と教えてくれるので、好奇心旺盛な私達は質問が止まりませんでした。

このお店はシャネルとのコラボ、ということで、食後のコーヒーとともに、マカロンやシャネルのロゴをかたどったチョコレートがでてきます。また、レストラン専用エレベーターのボタンもシャネル・・・。

58daf686.jpg
66f89388.jpg

さて、誕生日、ということで、デザートはバースディケーキを。
ラズベリーと空気のように軽いスポンジのケーキ。願いを込めてキャンドルを吹き消した後、カットしてサーブしてくれました。お皿には、フランス語で「Joyeux Anniversaire Naomi」とメッセージ。そして、Jane Packerのブーケも!

56c45cf1.jpg

帰り際に、「お誕生日の記念に写真をお撮りいたしましょうか?」と店内で写真撮影。しばらく待つと、日付の入ったメッセージカードに、写真を付けて渡してくれました。これには感激!

料理はどれも斬新で美味しく面白く、サービスの方、ソムリエの方もつかずはなれず心地よく、トータルで楽しい3時間でした。「また、是非来たいね!」というのが私達の感想です。

at 00:14│ 舌がよろこぶモノ