June 26, 2006

ブルーチーズの香水!?

■香りでリフレッシュ!

梅雨も始まり、だんだん蒸し蒸ししてきてうっとうしい毎日。 そんな日こそ、気分だけでも爽やかに過ごしたいもの。 手っ取り早くリフレッシュするには、香りの力を借りて。

多くの女性のみなさん同様、香水選びは大好き。と言いつつ、過去に色々試してみましたが、失敗したものも数知れず・・・。

ある種の香料の成分が合わないらしく、しばらく経つと頭痛がしてくるものがあったり、 試した時は気に入ったつもりでも、いざつけてみると記憶と違っていてがっくりしたり。 使い切ってサヨナラしたものは、実は多くはないのです。

そんな中、最近のローテーションはこの4つ。特に気に入っているのが、グリーンのキャップのEau de Dior Energisante。

6c651913.jpg

レモンやライムのような爽やかな柑橘系がメイン。そして、ただ爽やかなだけでなく、心が落ち着くような優雅な香りの余韻が残ります。2000年の発売開始時にたまたま出会って、それ以来1、2度しか見かけたことがないのですが、出くわしたら必ず買おう!と心がけているほど。

ピンクのキャップのEstee Lauder Pleasures exoticも、マンゴーやピンクグレープフルーツのような香りと、ハイビスカスやブーゲンビリアのような南国のお花の香りがしてお気に入り。まるでビーチサイドにいるみたいです。

■ブルーチーズ製!?

1ヶ月程前の日経産業新聞に、「ブルーチーズの香水はいかが?」との見出し。

f7bbf7f1.jpg
「なんじゃ、こりゃ?」と思い読み進めてみると、イギリスのスティルトンというブルーチーズが本当に香水になった、とのこと。

スティルトンは、フランスのロックフォール、イタリアのゴルゴンゾーラと並び、「世界三大ブルーチーズ」のひとつ、と称されるものです。

スティルトンは、ポートワインと合わせて食べる、というのが定番で、イギリスでは上流階級が好んで口にするチーズ。エリザベス女王もお気に入りだとか。

以前、チーズの先生が紹介してくれたのは、ハロッズやフォートナム&メイソンで売られている、陶器製のポットに入ったスティルトン(写真奥2つ)。既にポートワインに漬けられていて、スプーンでくずしながら食べます。

810f343b.jpg

そんな格調もあり匂いもきついチーズが、これまたどうして香水なんか!?・・・、と思い、The Stilton Cheese Makers Association という協会のHPを覗いてみたら、ニュースリリースが載っていました。

「日常の食卓にスティルトンを!」というキャンペーンを今年やっているようで、その一環として、何故だか香水を作ったようです。なぜ香水か?という経緯は、記事やHPを見る限りでは分からないのですが・・・。

日経産業の記事によると、地元報道では大半の人が拒否反応を示しているそう(大いに納得!)。中には、「懐かしい香りがする」という好意的な声もあったそうです(笑)。総じて悪評のようですが、話題作りには一役買っているのかな!?

今度イギリスへ行かれる方、物は試しに探してみてはいかが?ご報告をお待ちしております☆

at 00:18│ チーズまわりのコト