October 09, 2006

「イタリア展」へ

■幻のチーズ!

ちょうど伊勢丹でイタリア展が開催!早速、出かけて、ワイン、チーズなどを調達してきました。

ワインは、リパッソという製法で造られたMASI社のCampofiorinを購入。ちょうど、イタリアワイン通の友人との会話で耳にしたばかりの製法で、思わず飛びついてしまいました。

リパッソは、アマローネ(ブドウを陰干しして糖度を高めてから造ったワイン)の樽に残った澱に、ヴァルポリチェッラというワインを加えて、さらに樽熟させて造る方法。若飲みのヴァルポリチェッラと、長熟のアマローネの中間として、お値段もお手ごろに楽しめるワインです。

51338002.jpg
チーズは、スプレッサ・デッレ・ジュディカリエを入手!!

北イタリアのトレンティーノ・アルト・アディジェ州のチーズで、2003年にイタリア最新DOPとなったもの。

生産量がとても少なく、日本には滅多に入荷されてこないというチーズです。今回、初めて目にしました。

バターなどを作った後の脱脂乳を使って造られた牛乳製のハードチーズ。農家で手作りのため、なかなか出回らないのがその理由。

チーズの教本にも情報はほとんど載っておらず、写真の掲載もなし。唯一このチーズだけ、ミステリアスむんむんの光を放っていました。

さて、食べてみれば、脱脂乳のせいかとてもあっさり。でも、噛みしめていくと、後味にしっかりとした塩気と旨味が感じられて意外な力強さ。

803e0614.jpg
2322d816.jpg

グラナ・パダーノの塩気をしっかりさせたタイプ、といったところでしょうか。ワインのお供にスライスしてつまみましたが、すりおろして、煮込み料理のコクを出すのに使ってもいいかな。

言ってしまえば、他の北イタリアの山のチーズともあまり区別がつかない素朴な感じです。美味しいには美味しいですが、期待が高かっただけに、ふ?ん、という感じ・・・。まぁ、百聞は一見にしかず。何事も一度は体験してみるべし!

その他、フルーツキャンディータ、というフルーツの砂糖漬けも。

c3b87221.jpg
手前がビワ、奥がプルーン

Pietro Romanengoという、ジェノヴァにある老舗のお菓子屋さん(といったら憚られるような高級店)のもの。

ユーロ高もあってか、高級店価格もあるのか、はたまた「イタリア展」価格なのか、100gあたり1,300円?1,400円もしました。高い!!写真の2つだけでも1,500円です・・・。買いに行ったときには、それでも、ほとんどのフルーツがSOLD OUT。

口に入れてみれば、フルーツが半生状態に保たれていて、瑞々しさもあり、「お上品」な仕上がり。なるほど、良く出来ているな、と思いましたが、それにしても1,500円とは・・・。しつこい!?

これからは、白トリュフ、マロンを初め、大好きな秋の味覚のシーズン到来!そろそろモンドールも食べたくなってきたし・・・。一度、秋に長?い休暇を取って、フランスとイタリアで秋の味覚を味わい尽くしてみたいなぁ?。

at 00:56│ チーズまわりのコト