December 18, 2006

次の10年へ

■心機一転

買った当初はまさか10年後の今も働き続けているとは夢にも思わず、愛用していた手帳が今年10年を迎えました!

昨年のブログにも書きましたが、ここ10年ずっと飽きもせず、Quo Vadis+グリーンの革の手帳カバーの組み合わせ。

毎日毎日、この一冊で、仕事とプライベートの予定を遣り繰りするのに大活躍!酷使していても縫い目がほつれることもなく、ボロボロになった部分も一箇所もありません。さすが!・・・が、気付けば背表紙の部分が黒ずみ、時の流れを感じさせる姿に。

5b52322b.jpg

今では毎年、年の暮れにレフィルを交換するついでに、過去のレフィルを引っ張り出し、ぱらぱらと一通り眺めるのが楽しみのひとつとなっています。

(と、書きながら、最近、かつての上司と数年ぶりに食事に行った時に、「あなたは『コレクター気質』なところがあるよなぁ・・・」と、しみじみ言われたことを思い出しました。自分では逆だと思っているので、いまだ納得していませんが・・・。彼によると、人間は「コレクター」か「そうでない人」に二分されるんだそうです。)

昔のレフィルをめくっていると、忘れかけていた当時の楽しかった場面がふっと思い出されたり、色々な人と出会う中で影響を受け続けているんだな、とか、あぁ、この年が転機だったんだな、と思うことがあったり。

まずはやってみよう!と思った事は試し、今は動かずじっとしていよう、と決めることもあり。人生、タイミングと決断の連続。「自分のモノサシ」というのが段々出来上がってきて、考え方がシンプルになってきた気がします。

一方でもちろん、辛かったり、泣いたり、悩んだり、悔しい思いをした日々もたーくさんありましたが、そういう事を全部ひっくるめて今の私があるんだなー、とも。そういう時の友人や家族の支えがどんなにありがたかったことか・・・、と感謝の念も出てきます。

ここまで深く考えさせられてしまうだなんて、たかが手帳、されど手帳ですね。

さて、区切りのよい来年からは手帳を変えてみよう!と、時間を見つけては探し歩いていました。それでも色々と見比べた結果、行き着くところは結局、Quo Vadis。

そこで、気分を変えたいこともありサイズを変え、カバーも思い切って、以前から憧れていたH社のものに買い替えました!

deab4a35.jpg
60c2546f.jpg

ブルーは、nomoneさんに見立ててもらった似合うカラーと言われた色のひとつ。そして、ここのブルーの色合いの上品さと革のしなやかさは、20代からの憧れ☆でした。

当時はまだまだ、と思っていましたが、10年記念だ、えいやっ!、とショップに入り、下見のつもりがその場で購入してしまいました。今でもまだまだなんですけどね(^_-)

手帳のサイズも小さくなり、物事の考え方もよりシンプルになっていくのかどうか!? 今後の10年がどうなっていくのか、考えるとワクワクします。

at 00:26│ 使って楽しいモノ