January 2005

January 31, 2005

福ハ内

■鬼は外、福は内?

2月3日は節分。
日本には四季もあれば、ひな祭り、端午の節句、七夕、土用の丑の日にはウナギを食べ、
中秋の名月には月見だんごをお供えし、冬至にはゆず湯につかって、・・・と、イベントが
盛りだくさん。

小さい時は、そんな行事をせっせと楽しんでいた記憶がありますが、最近は忙しさにかまけて、「ふ?ん」と横目でやり過ごしていました。

でも、もったいない!
こういった行事にちょっと心を寄せるだけで、季節の移り変わりを身近に感じ、生活にもアクセントがつくんだな、と今更ながら思うようになりました。そこで、年初に立てた「2005年のto do
list」の1つに、今までの反省も込めて、「季節の行事を自分なりに楽しむこと」、って入れてみました。

話は戻って、節分といえば「豆まき」。
炒った豆を蒔いて、年の数だけ拾って食べて、1年の無病息災を願うという風習、とはご存知の通り。

豆まきは後片付けが面倒なので、かわりに「何かカワイイものないかなぁ?」と思っていたところ、鶴屋吉信の「福ハ内」という和菓子を見つけました。

58446688.jpg


柔らかそうでぷっくらした形と質感に、ひとめぼれ♪
杉の容器に、桃山製(白餡に卵黄などを混ぜて煉り、表面を焼いたもの)のお多福豆がころ
ころ。枡の対角線にわたしてあるのは竹の棒で、これは昔、枡でお米を量るときに、擦り切り棒として使っていたものを模したもの、とのこと。

このお菓子が作られるようになったのは、明治37年。
明治の終わり頃には、明治天皇皇后の目にとまり、それ以来、たびたび皇室お買い上げとなっているんだそうです。

眺めていてもかわいらしくて飽きなくて、食べるのがもったいないほど。でも食べてみると、予想通り、ほんのり甘くて上品なお味。このお菓子、見た目、容器、味ともに、とっても気に入りました!空き容器を何に使おうかな?と考えるのも楽しみです。
毎年12月?2月3日まで販売しているそうです。

■恵方巻き

節分つながりでもう一つ気になっているのが「恵方巻き」。
関西地方で広まったもので、節分の日の夜に、その年の恵方を向いて太い巻き寿司を無言で食べて無病息災を願う、というもの。

どんないわれがあるのか、と思って調べてみると、「福を巻き込む」海苔巻を、「縁を切らない」ために1本丸ごと食べる、ということらしい。

でもこれは、「全国海苔貝類漁業協同組合連合会」というところがはじめた宣伝。昭和30年代に海苔の需要拡大に、と考えついたとか・・・。バレンタインデーのチョコレートのようなものですね。

そうはいっても興味があるのが、浅草今半の「ローストビーフ恵方巻き」。
思いっきり便乗商品ですが、元々、太巻きの具があんまり好きではないところ、ローストビーフがはみ出さんばかりに巻いてあって、「方位磁石」のおまけ付き、というのが興味をひかれた理由。但し、2月3日のみの数量限定販売だそうで、実際には手に入りそうにないですが・・・。

今年は、久しぶりに節分気分を味わおうと思います。

at 00:06|Permalink 舌がよろこぶモノ 

January 24, 2005

感謝の気持ちをおすそわけ

■よくある話

会社帰りには、ターミナル駅から始発の電車に座って家に向かいます。
その日は、途中の駅から乗ってきたおじいさんに席を譲りました。

「遠くまで乗っていかれるんでしょうに・・・」
ヨーロッパの老紳士が使っているような、細工のおしゃれなステッキをつきながら、ひざが悪いのか、ゆっくりと時間をかけて腰をおろしていきます。

「いえ、それほどでもありませんので・・・」と、おじいさんの目の前でつり革につかまって、本の続きを読みはじめました。

919350fe.jpg
それから2、3駅過ぎたところで、そのおじいさんの隣の席が空きました。「ここへおかけなさい」と、穏やかな笑顔で手招きしてくれます。

遠慮なく座ると、「私は○○駅まででして・・・。」
おじいさんがにっこり微笑んで、話しかけてきました。私が降りる2つ手前の駅です。

「私は××駅なんです。○○駅は母校があるので多少なじみがあるんですよ。駅のどちら側にお住まいなんですか?」

それから話が弾み、お孫さんも私と同じ母校に通っているということ、この春に卒業して就職するということ、そういえば自分の初任給は40円で、食費や寮費で毎月半分が消えていってしまったな・・・、などと、にこやかに話してくれました。

■かと思っていたら・・・

「今も、現役でご活躍されていらっしゃるんですか?」
おじいさんの醸し出す品の良さと身なりがそう思わせるので、失礼な質問かな?と思いながらも、聞いてみました。

「えぇ、肩書きだけですが、会社で顧問をしております。まぁ実際には何の役にも立っておりませんが・・・」
うん、やっぱり・・・。思わず納得です。

「今の時期は、お年始のご挨拶やらお集まりなどでお忙しいんでしょうね?」
「そうですね。今日も昼間はご挨拶で何人かの方とお会いして、先ほどまで、新年会に顔を出してきて、その帰りなんですよ。」

すると、おじいさんが話題を変えて、「初詣はどちらかへ行かれましたか?」と聞いてきます。
「初詣ですか?自宅の近くの神社へお参りに行った程度ですが・・・」

「そうですか。鎌倉の銭洗弁天はご存知ですか?」と言って、ポケットから↑の写真の「御賽銭」を取り出し、名刺と一緒に「どうぞ」と差し出してくれます。

■ !?

唐突なことに驚いていると、こう話してくれました。

「これは、30年間毎年続けていることです。前に勤めていた会社で役員に就任したときに、『ここまでこられたのは周りの方のおかげ。何かの形でお返ししたい』と考えて、思いついて始めたことです。」

「毎年12月30日に銭洗弁天へ行ってお金を清めて、大晦日に紅白を見ながら、妻と一緒にひとつずつ包んでいます。それを新年に会う方々に感謝をこめて渡しているのです。今日もみなさんに渡してきたところです。よかったらどうぞ。」

ほんの15分間のことなのに、おじいさんはその気持ちをおすそわけしてくれました。
そのことを思うと、感激でたちまち胸がいっぱいになります。

85838c4f.jpg
「本当に嬉しいです。どうもありがとうございます!」

家に着いても、感激がなかなか醒めやりません。

御賽銭の包みを開けると、ぴかぴかに光った5円玉と、メッセージの書かれている薄い紙が挟まっていました。

「この御宝銭は、昭和51年元旦以来、皆様のご繁栄を祈願いたし、銭洗弁財天様の霊水で洗い清めたお宝でございます。・・・」

■心新たに

年末に友人や先輩など色々な方と会いましたが、別々に会った2人が、偶然、同じような話をしてくれました。

「最近、『心から相手のために何かしてあげたい』っていう思いが強くなってきたんだ。自分から周りにいる人たちを大切にするという気持ちも必要なんじゃないか。そしてそんな気持ちを持てる環境にいることが幸せな気持ちにつながるんじゃないか、って考えているんだ。」

彼らは彼らの、おじいさんはおじいさんのやり方で、アクションを起こしています。
私も私なりのやり方を見つけて、少しずつ、周りにいる人たちへ感謝の気持ちをおすそわけしていきたいな・・・。
おじいさんとの出会いがきっかけで、心新たにしたところです。

at 01:33|Permalink 日々のデキゴト 

January 17, 2005

いせ辰の千代紙

■モダンな色使いに脱帽!

本屋さんを覗いてみたら、新刊コーナーで、「Chiyogami - 江戸千代紙」という本が
目に入ってきました。厚さが4,5センチ、ずっしりと重たいので、イスに座って眺めることに・・・。

日本で唯一の江戸千代紙を扱う、という「いせ辰」の千代紙約150種を紹介している本でした。
「いせ辰」は、オリジナルの版木を江戸時代から受け継ぎ、今に伝えているという創業1846年の老舗。戦争や震災で版木を失いながらも、そのたびに多くの手間をかけて復刻してきたそうです。

谷中をお散歩していた時に、このお店にふらりと入ったが最後、色・柄の豊富な楽しさに、
なかなか出てこられなかったことを思い出しました。
千代紙は、お店の奥の棚に色別に分けて置いてあるので、一枚一枚めくりながら選んで
いきます。「これもかわいい?、あっ、これも・・・」、なあんてやっていると、あっという間に日が暮れます。

そのときに選んだのが、写真の3枚。
右から、「みだれフジ」、「縞」、「柳」、と模様に名前がひとつずつ付けられているのが、
何となく嬉しい♪

b3ffdf46.jpg


あまりの可愛さに、折ったり切ったりだなんて、なかなかできません。
でも、「お気に入りのものは、日常生活でこそガンガンつかって楽しむ!」のがポリシー。
やっとの思いで折り目を入れ、お気に入りの本のブックカバーにしてみました。

和紙に刷られているので、程良い厚みがあって丈夫だし、大きさもハードカバーにピッタリ!
お気に入りの本にますます愛着が沸いてきます。

他の使い途で思いついたのがランチョンマット。
季節や手持ちの食器に合わせて、人数分用意しておけばOK。
普段の食事も、簡単に、雰囲気をガラっと変えることができます。

手元に最後の一枚が残っていたので、即興でテーブルセッティングを・・・。
「立てわく下り藤 四十九番」という模様の千代紙です。
たち吉のビンテージを真ん中に据えて、「レトロ・モダン・ミックス」というイメージに。

632185ee.jpg


使ってみて思うのは、色・デザインが今でも古びれることなく見える、ということ。
大好きな北欧デザインにもどことなく似ていて、「和」を意識しないで使えるのが魅力的。
江戸の先人のセンスには、心から脱帽!です。

at 01:36|Permalink 使って楽しいモノ 

January 10, 2005

アロマテラピー・アソシエイツ

■週末にちょっぴり贅沢♪

子供の頃からアレルギーに悩まされてきたせいか、お医者さんだけに頼らないで
快適に生活する方法には、人一倍アンテナを張ってきた気がします。
そんな中で10年ほど前に出会ったのが、ハーブやアロマテラピーの存在。

本で読んで効能を知ってから、「すぐに試した?い!」と、当時から貴重なショップだった
自由が丘のグリーンフラスコや、青山の246沿いにあったカルペパーハウスへ通っては、
エッセンシャルオイルを少しずつ買い集めたり、講座を受講したり、と楽しんできました。

今ではニールズヤードジュリークアヴェダをはじめ、至るところにステキなアロマテラピーのサロンやショップがあるので、良い時代になって本当に嬉しい限りです。

さて、目下、お気に入りなのはAromatherapy Associatesのバスグッズ達。
故ダイアナ妃が愛用していたブランドとのことで、良質のエッセンシャルオイルをふんだんに
使っているところがとっても魅力的です。

RELAX, DE-STRESS, REVIVE, RESCUE, RENEW, BALANCEという6つのラインがあって、
どれもこれも、つい心が欲してしまうネーミングです。
それぞれラインの症状に応じて、エッセンシャルオイルが配合されています。

c0c8fcb3.jpg


一番初めに購入したのがバス&シャワーオイル。
"REVIVE"ラインの「夜」用を選んでみました。(「朝」用とは成分が違う!という細やかさ・・・)

ティファニーブルーの箱を開けると、間違えて香水を買ってしまったかな?と思うような、
シンプルだけど高級感あふれるボトルが出てきます。
ここまでですでにセレブ感漂っているのですが、その香りには、もうウットリ?。
ふっと力が抜けて、疲れが頭の先から出ていくようです。

その他に、"RENEW"のローズボディウォッシュ、"DE-STRESS"のマッスルジェルを使っています。どちらも、もちろん香りがよくて、とっても贅沢な気持ちに・・・。
特にマッスルジェルは、フラメンコのレッスンがあった日には足に塗りこんでいます。
ラベンダー、ローズマリーなどを中心に、血行を良くするブラックペッパーも入っていて、
筋肉の疲れが早く取れるような気分がします。

"RESCUE"のナチュラル・エクスフォリエイティング・スクラブ、というのは
オリーブの種をこまか?く砕いてあるもので香りはしませんが、
ボディウォッシュに混ぜて使うと、お肌がつるっつるになります。

この3つは、友人からプレゼントしてもらって以来、リピートしています。
それまでAromatherapy・・・の話をしたことがなかったのに、思いがけない贈り物だったので、
そのときは本当に喜び倍増♪でした。

ただ、どれも「贅沢品」だけあって、毎日使うには少々惜しい気が・・・。
そこで、週末や「心から癒されたい!」って思うときだけ楽しむことにしています。

次はどのラインを使ってみようかな?と考えると、いつもワクワクします。
この楽しみは、まだまだ続きそうです。

at 00:17|Permalink お気に入りのモノ 

January 03, 2005

マロンクリーム

■クリ好きの必需品!?

ナッツ類には目がない私。
カロリーが高いと知りつつ、口がさみしくなると、アーモンドやピーナッツをポリポリ・・・。
そんな中でも、クリがダントツ一番の大好物!

クリのシーズンになると、小布施栗や和菓子屋さんのクリ菓子が恋しくなり、
ケーキを食べるときはモンブランばかり、コンビニでも「マロンヨーグルト」なんて名前を
見つけると、わくわくして飛びついてしまいます。

忘れられないのは、ちょうど10年前、ミラノでふらっと立ち寄った Giovanni Galliという
お菓子屋さんで見つけたマロングラッセ。
店先で口に入れた途端、クリ本来の香ばしさと風味が広がって、大げさだけどしばしショック
状態に・・・。とにかく美味!!

それまで、マロングラッセは砂糖の味しかしない代物、だと思っていたのが見事に裏切られ
ました。その場で店員さんに、「スミマセン、これを40個包んでください!」と注文してしまった程。

それ以来、スーパーに買い物に行くたびに、「クリ、クリ・・・」と無意識に物色していたところ、
見つけたのがフランスのClement Faugier社のマロンクリーム。

缶や瓶詰めののマロンクリームはよく見かけるけれど、容量が多く、お菓子作りをし慣れていない私には、使い切れなくて困っていました。
ところがこれは、チューブで使いやすい上に、容量はたったの78g。お値段も200円前後、と
お手頃価格♪
100%ナチュラルの材料を使っているだけあって、ヨーロッパの栗独特の風味が味わえます。

aa0f24ec.jpg


この会社、1882年創業、クリ製品一筋、というステキな会社です。
トレードマークは、いがぐりの頭・胴体・手に、足が栗の葉、という少々やり過ぎなMARONO
くん。その両手には、自社製品のマロンペースト缶がしっかりとかかえられています。

商品は、マロンクリーム、マロングラッセ、ペースト、シロップ漬、真空パック詰めの栗やら、
新製品のマロンアイスクリームまで、クリ、栗、くり!づくしです。
手軽に日本で購入できないのが残念ですが、オンラインでも購入できるようです。

HPには、栗を使ったレシピが紹介されています。
ところが、デザートのレシピだろうな・・・、という予想をかる?く裏切り、前菜、スープ、肉・野菜料理などあれこれ。栗のマカロニチーズ、なんていうのもあります。
クリ好きのひとりとして、機会があったら試してみようかな?

at 13:08|Permalink 舌がよろこぶモノ