March 2005

March 28, 2005

ヒプノティック

■お気に入りのカクテルは?

外食する時は、ワインや焼酎など、お酒と一緒に食事を楽しむことがほとんど。ゆっくりその場で過ごすことが多いので、食後にバーやラウンジへ行く機会はほんのたまのこと。

たまに行ったところで、「う?ん、何をオーダーしようか?」と、いつも迷ってしまいます。ついつい無難に、ジントニック、マティーニ、ギムレットなどをオーダーしてしまいます。

基本的なカクテルの名前は分かるものの、なかなか風味と名前を結びつけて覚えられないのです。せっかくオススメのカクテルを教えてもらっても、「あっ、おいしい?」で終わってしまい、それが何だったのか思い出せずじまい、ということもしょっちゅう・・・。

たまに行くからこそ、納得のいく一杯を飲みたいなー、と機会があるたび思っていました。

■世界で流行っているもの

今年のお正月、日経流通新聞に「海外のヒット商品 2004年」という特集記事がありました。

アメリカ、イギリス、フランス、イタリア、中国、ベトナム、タイ、インドネシアなど14ヶ国にいる特派員が、それぞれの土地で昨年流行したものを紹介している記事です。

フランスのNo.1ヒットは、映画「レ・コリスト(邦題:コーラス)」。
第2次大戦後の寄宿学校を舞台に、コーラスを通じた先生と生徒の交流を描いた映画で、870万人を動員したそう。あと2週間ほどで日本でも公開されるので、今から待ち遠しいです。

フランスではコーラスに対する関心が高まり、合唱活動に参加するフランス人が増えるなど、一種の社会現象となったとのこと。フランス政府は、この映画の驚異的なヒットを受けて、子供達の心の教育のために、授業の必須科目に「コーラス」を追加することを検討しているそうです。

タイのNo.4は、「フェイク歯科矯正器」。
記事によると、「どこで製造されたのかも分からない、針金にカラフルなプラスチック片をあしらっただけの簡単な商品だが、女子中高生の流行がじわじわと拡大、いまやイベントコンパニオンの口元を飾るほどに"昇格"した。『矯正できるのはお金持ちの証拠』との信仰が不思議なブームの背景」だそう。ところ変われば・・・ですね。

■ハリウッド・スターも絶賛!?

アメリカのランキングを見ていた時、No.5に「ヒプノティック(パーティ用カクテル)」、というのが目にとまりました。

記事中には何も紹介されていなかったので、「一体、どんなカクテルなんだろう?」と調べてみたら、これがなかなか美味しそう♪

3a25f292.jpg


一言で言うと、「フランス産ウォッカベースのトロピカルリキュール」。

キウイ、ブルーベリー、オレンジ、パイン、白ブドウ、パッションフルーツなどのブレンドジュースに、プレミアム・ウォッカ+ヒプノティックのためだけに作られたプレミアム・コニャックをブレンドしたものだそうです。

このリキュールの歴史はまだ短く、2001年にアメリカで最初に発売されたとのこと。ジョージ・クルーニーやナオミ・キャンベルなど、多くのハリウッドスターも絶賛!、とタイアップ広告を使って売上を伸ばしているようです(ナオミがハリウッドスターなのかは?ですが・・・)。

記事を読んで、1月中に買ってみたのですが、アクア・ブルーの色が寒々しく感じて、栓を開ける気になれませんでした。でも、ようやく春めいてきたので、この週末にいよいよ開栓してみました。

とにかく爽やか!香りも爽やかだし、口にするとスッキリした甘味、後味はフルーツの酸味が残ります。人工的な色に抵抗があったものの、これはかなりイケます!これからの季節、ブランチ後に飲むのにもよさそうです。新・リキュール、これからはバーでも活躍してもらいます!

at 00:37|Permalink 舌がよろこぶモノ 

March 21, 2005

たくみ割烹店・工芸店

■鳥取再発見!

3連休に法事があり、十数年ぶりに鳥取へ行ってきました。
鳥取、と聞いて思い浮かべるのは、「鳥取砂丘」か「二十世紀梨」程度。県人口もたったの60万人、小さくて地味な土地なので(失礼!)、旅行で訪れたことのある人は少ないのではないでしょうか。

鳥取には父方の実家があるので、小さい頃は時々顔を見せに行っていました。お約束の「砂丘」でラクダに乗ったり、海水浴では、父が素潜りしてウニを取ってくれたり、夜にはホタルの群れに手を伸ばして掴み取り、空を見上げると、星が川を作るようにきらきら瞬いていて・・・、と、当時は、大自然満喫コース。

最近は、祖父母とも他界してしまったため、行き来することもほとんどありませんでした。今回は、久しぶりに足を踏み入れるので、今までとは違った楽しみを見つけてみよう!と、うきうき下調べ。

そこで見つけたのが、鳥取の中心地にある「民藝コーナー」。
土蔵造りの建物が並ぶ一角があり、「鳥取民藝美術館」「童子地蔵堂」「たくみ工芸店」「たくみ割烹店」の4つが並んでいます。

■美の本流ここにあり

「民藝」という言葉を作ったのは、柳宗悦。バタフライスツールやキッチン用品デザイン等で有名な、あの柳宗理のお父さんです。

宗悦の言う「民藝品」とは、「一般の民衆が日々の生活に必要とする品」のこと。

観賞するためにつくられたものではなく、 なんらかの実用性を備えたもの、
誰もが買い求められるほどに値段が安いもの、
特別な作家ではなく、無名の職人によってつくられたもの、
など、定義は他にもいくつかありますが、そこに宿る民藝美は、「健康な美」「自然の美」「無心の美」であるとしています。

宗悦は1925年に「民藝運動」を始め、「民衆の暮らしから生まれた手仕事の文化を正しく守り育てることが、私たちの生活をより豊かにするのだ」、と主張しています。

観光地で「民藝品の店」と名のって土産品を売る店を時々目にします。ちゃちくて古くさいもの、というイメージがありますが、本来の意図されたものとは大きくかけ離れてしまっているようですね・・・。

鳥取の「民藝コーナー」は、鳥取出身の医師吉田璋也が、この柳宗悦の主張に深く感銘を受けて、たくみ工芸店を作ったのが始まりとのこと。「たくみ」の名は宗悦が命名し、昭和7年、日本で始めて民藝品を扱う店として鳥取に開店したのだそうです。

7e6865e3.jpg


■用の美

到着した夜、たくみ割烹店へ出かけました。
このお店は、「鳥取民藝美術館」の延長として作られています。モノの美しさを鑑賞するだけでなく、使ってみて美しさを味わう、という生活的美術館です。このお店で使われているグラス、食器はすべて、隣の「たくみ工芸店」で売られてもいます。

aab5438d.jpg
dc3a32f3.jpg
f2665ea8.jpg

器の美しさ、使いやすさはもちろん、料理は鳥取で獲れる海の幸や山の幸をふんだんに使い、目でも舌でも楽しめるものでした。次から次へと運ばれてくるお皿を見るたびに大興奮♪

1bfdbd98.jpg
食事の最後には、おひつに入ったごはんが出てきました。その中に入っていたおしゃもじが、これまた秀逸!見た目は武骨ですが、握り部分が手のひらにぴったり。そのおかげでご飯をよそうのがと?っても楽。

早速、翌日にたくみ工芸店へ買いに走りました。幸運なことに手に入れることができたのですが、お店の人によると、このおしゃもじを作っている職人さんが、もう作るのを辞めてしまったそうです。その前日には10本まとめ買いしたお客さんもいたとかで、残るはあと2本とのこと。素朴でよい品が消えていくのを知って、なんだか寂しい気持ちに・・・。

あとは、気に入ってしまってその場から離れられなくなってしまった「山根窯」のジャグを、さんざん悩んだあげくひとつ購入♪

元来、陶磁器には目がなくて、5年前に行った倉敷の大原美術館では、富本憲吉浜田庄司バーナード・リーチの陶器に惹かれ、その頃から「民藝品」としての陶器に興味を持っていました。そんなところにこのお店との出会い・・・。鳥取へたまに出かけるのも悪くないな、と思った連休でした。

at 23:34|Permalink 旅したコト 

March 14, 2005

絵本「バムとケロ」

■周りの人たちから学ぶ

家族、友人、同僚、その他色々なご縁で出会う方々には、とても恵まれているな、と日々感じることが多くなりました。

好きなことに専念している姿に刺激を受けたり、
「これでいいんだろうか?」と悩んだときには相談に乗ってもらったり、
ひょんな発言から道を切り開くヒントをもらったり、
何があっても穏やかな心の広さを見せてくれたときには、「ああなりたい」と憧れてみたり、
ただただ楽しい時間を一緒に過ごしたり・・・。

自分では「人に役立つことなんて何もしていないのに・・・」と思っていても、周りの人たちから見れば、何かしらの影響を与えているもの。私の周りだけを見渡してみても、その人の醸し出す雰囲気、努力している姿や笑顔、物事への対処の仕方・考え方など、傍から見ていて勉強になること多し!です。

■目上の方からはもちろん

先日、60才になられる、とある人生の先輩と食事をご一緒する機会に恵まれました。
お仕事で活躍されていらっしゃるのはもちろんのこと、心から楽しめる趣味をお持ちのため、毎日を精力的に過ごされていらっしゃる男性です。

09135daa.jpg
高い視座、幅広い人脈、豊富な経験をベースに繰り広げられるお話は、硬軟含め、楽しく尽きることがありませんでした。

気付いた時には、午前3時!眠くさえならなければ、まだいくらでもお話していたい程でした。

心に残ったお話がいくつもある中で、印象的だったのが、「self-deprecating (自分のことを控え目にね!)」という言葉。

「アメリカなどでは、人前で自分の話をするときは、『self-deprecating』な会話をするのがスマート、とみなされるんだよ」と、繰り返しお話してくれました。

特に目新しい話でもなく、頭では分かっているものの、普段、「自分がこうだった、あーだった」ということをストレートに話していたことを深く反省・・・。まだまだ修行中の身です。

■年下からも

最近は、年下の友人・知人も多くなりました。皆それぞれに魅力的で、刺激を受ける場面がちょくちょくあります。彼らからは、「新鮮な目でモノを見るコトがだんだん減って来ているな」、と気付かせてもらったり、パワーをもらったりしています。

いきなり卑近な話になりますが、ある時突然、小学2年生の姪っ子が目を輝かせながら訊ねてきました。

「なをみお姉ちゃん(と、しつけてある)の小さい時の夢って何だったの?」
日々、惰性で過ごしている私にとっては、非常に衝撃的な問いかけです。

「!?」
「私はね、プロテニス選手になりたいの。だからね、もっと練習頑張るんだー。」

(えーっと、私の夢って何だったっけ?それに夢に向かって何か努力してたっけ?)と、愕然とすると同時に、「私も努力せねば!」と、発奮させられたのでした。

■「学ぶ」とはちょっと違うけれど・・・

その彼女に、数年前に「教えて」もらったのが「バムとケロ」シリーズの絵本。カナダ在住の絵本作家、島田ゆかさんが描いています。

fd92d34a.jpg
一緒に暮らす犬の「バム」とカエルの「ケロ」が、楽しい事件を巻き起こすというストーリー。

表紙のキャラクターがあんまり可愛くないな・・・、と期待しないでページをめくったものの、色づかいの美しさと、描かれているインテリアの面白さに、一瞬にして引き込まれてしまいました。

家具のデザインが凝っていたり、部屋に置いてある小物がひとつずつ丁寧に描かれていて、その配置も絶妙!

それに、ページ毎に豆粒ほどの小さな脇役達が、メインストーリーの裏でこっそりストーリーを作っているのです。とにかくカワイイ♪

たまに眠る前にパラパラ眺めていますが、何度眺めてもちっとも飽きることがありません。1万部でヒットといわれる絵本の世界で、100万部を売り上げたとのことですが、それは大きくうなづけます。

老若男女問わず、バックグラウンドの異なる方々とお付き合いしていると、自分のアンテナには引っかからない多くのことを教えてもらえるんだ、と最近改めて感じているところです。

at 00:40|Permalink お気に入りのモノ 

March 07, 2005

バスソルト

■寒い夜にはゆっくりと

半身浴が話題になったのは、もうかれこれ数年前。
ぬるめのお湯にみぞおちまでつかり、20分も経つと汗がじんわりと・・・。

浸かっているだけではヒマ!という向きには、ブックスタンド、浴室用ポータブルオーディオなどなど、バスタイムを楽しむグッズは今や充実の一途です。中には、キャンドルの幻想的な灯りだけでバスタイムを過ごし、リラックスする人もいるとか。

私の場合、お湯に浸かってぼ?っと過ごすのが一番。
500mlのペットボトルに水を詰め浴室に持ち込み、あとは、ただただ頭の中を空っぽにすることしばし。汗がじんわり出てくると、1日の疲れがほどけていくような感覚に包まれます。夜遅く帰ってきた日でも、どうしても湯船につかりたい時は、睡眠時間を削ってでもゆっくり入ってしまいます。

雑誌を持ち込むこともなければ、音楽を聴くでもなし、半身浴のお供は「入浴剤」。
Aromatherapy Associatesは週末のとっておきとして、普段はもっぱらバスソルトを愛用しています。

■バスソルトも即席で

市販のバスソルトももちろんいいけれど、手近な材料でも作れることに気づいてからは、作って楽しむことに。

5ebf54d7.jpg


分量は、天然塩2:重曹1の割合で、あとはお好みのアロマオイルを数滴垂らして混ぜるだけでOK。バスタブへは、大さじ2杯程度を入れれば充分♪
アロマオイルの香りはほとんどしないけれど、アロマの効能がちょっぴりでも期待できる上、自分の目で確かめた材料だけなので、安心して使えます。

(注: 混ぜるときには、金属製ではなく、ガラスや木製のもので混ぜたほうがいいそうです。
アロマオイルによっては、金属と反応を起こして成分が変化してしまうことも。)

重曹は、皮膚の角質層を柔らかくして、皮脂や分泌物を乳化する作用があるとのこと。
天然の塩をバスタブにいれると、発汗や新陳代謝を促進してくれるそうです。海水のミネラル分を豊富に含んだ自然の塩を使うといいようです。

3月になったというのに、雪が積もったり、まだまだ寒い日が続いています。
そんな日こそ、ゆったりとお湯に浸かって、体を暖めてぐっすり眠りたいですね。

at 00:11|Permalink 使って楽しいモノ