June 2005

June 27, 2005

Patykaのバスジェル

■いい香りでリラックス

梅雨に入ったのもつかの間、連日、真夏のようなうだるさ。それもあってか、少々お疲れ気味のこの頃。こんな時にはゆったりとお風呂に入って、疲れをすっきり取りたいもの。

そんな時、「とっても良さそうなの、見つけたよ!」と、友人からふいに手渡されたのがPatykaと書かれた紙袋。

包みを開けてみると、クラシックだけどどこかスタイリッシュなボトルに入ったバスジェルが。確かに、見るからにモノがよさそう?♪

5060fa0e.jpg


一緒に入っていたパンフレットによると、2001年にパリでデビューしたオーガニック・コスメとのこと。1922年にハンガリーで生まれたレシピをもとに作られた、とあります。原料のオイルはフランス政府委託機関からの承認を得ている、いわば、「出生地証明」付き。

ラベンダーとハチミツが入ったクレイ状のシャワージェル。ジェル、というよりは粘土に見えたけれど、見た目と違ってゆる?いし、それに心がほぐれるようないい香り。使いながら、思いっきり深呼吸。

■嬉しいこと続き

先週、アムステルダムへ出張に行ってきた同僚から、オランダ名物チーズのひとつ、エダムチーズを買ってきてもらいました。仕事の合間に現地のチーズ屋さんへ行ってきてくれたそうです。とっても感激!

オランダから輸出されるエダムチーズは、表皮のワックスの色が赤、と決まっているのですが、国内用は自然な黄色。もちろん日本で手に入るエダムはすべて赤い表皮なので、これは珍しい♪

また、友人からは、突然、フェルミエで見つけた、というアンチョビ入りオリーブの瓶詰めをプレゼント。たまたまチーズ屋さんをのぞいていて、フタのところの柄がかわいい?、と私の分まで買っておいてくれたそうです。

491f9173.jpg


最近、口を開けば「チーズ、チーズ」と繰り返しているせいか、チーズやチーズにまつわるモノつづきで、と?っても嬉しい。

友人達の心遣いにエネルギーが注入されて、どうやら疲れも消えていったよう・・・。現金だな?、と思いつつも、感謝の気持ちでいっぱい!考えてみたら、いつも周りから何かしてもらうばかり。私も周りの人へ、さりげなく心配りができるようになりたいな、と改めて考えたのでした。

at 00:04|Permalink お気に入りのモノ 

June 20, 2005

いざ図書館へ

■どうせやるなら

チーズプロフェッショナルの試験まで、あと1ヶ月ちょっと。

ほっつき歩いてばかりいないで、そろそろ本腰を入れないと・・・、と思いつつも、なかなかエンジンがかからない。ちょっとした時間を見つけて、細切れに頭に入れているだけでは、ん?厳しいな。

チーズの先生は、補習を何度もやってくれるし、なんといっても説明が非常に分かりやすい!それにとても親身で熱心。

この前の授業では、いつもの試食に加えて、抜き打ちでブルーチーズ6連発なるブラインドテストまでやってくれました。結果は惨敗だったけど・・・。

クラスメイトも、仕事をまったく離れたところで気を許せるような楽しい人達が揃っているし、いい学校に入ったなぁ、と、そのご縁に深く感謝する割には、肝心の勉強が・・・。

そこで、せっかくやるなら、「私ったら勉強しちゃっているわ気分」を高めよう!と、思い立ったのが図書館へ行くこと。普段やらないことをしたいなぁとも思い、近所の図書館ではなく、古き良き時代(!)を過ごした母校の図書館へ。

debd7b28.jpg

■○*年ぶりのキャンパス!

電車に乗ること数分で、大学1年生を過ごしたキャンパスへ到着!そんなに近いのに、卒業してから立ち寄ったのは、多分1、2回ほど。いくら距離が近くても、用事がなければ行くこともないものなのね。

駅に降り立つと、周囲の様子はすっかり様変わり。残念ながら、当時の面影はまったくなし。でも駅の外へ出て、キャンパスへ続く並木道を見た途端、当時の記憶が出てくる、出てくる。普段、思い出すことのなかった出来事があふれ出てきて止まらない?。

でも改めて数えてみたら、気の遠くなるような年数が過ぎていたのよねぇ。 愕然としたもののすぐに気を取り直し、懐かしさで胸が一杯になりながら、いざキャンパスへ。

15600c6b.jpg
時間がもったいないし、図書館へ着いたら、さっさとチーズの本を開くぞ!と息巻いていたのに、構内に入ったら、そんな思いはどこへやら。

授業の前後に必ず立ち寄っていた学食が消え去って、ガラス張りの吹き抜けのあるモダンな建物に変わっていたことにちょっぴりショック。

おしゃれなカフェテラスになっていて、緑に囲まれたオープンテラスまである。うらやましいな?。

他の場所はまさか変わってないだろうな、と、この目で確かめたくなって、キャンパス内をてくてく一周。

嬉しいことに、他に変わってしまった所は見当たらなかったけれど、キャンパスの奥まった所にあって、当時はまだ新しく、そこでお茶するのがなんとなくオシャレに思えた建物が中途半端に古びていて、あ?あ、時の流れを感じずにはいられない。

と、感傷にひたってしまい、つい何をしに来たのか忘れるところだった・・・。
あわてて図書館に入り、懐かしさにひたりながらも、席を確保。そうそうこんな座り心地だった。

改めて辺りを見まわすと、週末なのに意外と勉強している学生が多い。偉いなぁ。それと、目の合う学生さん達の表情が面白い。「えっ、まさか学生じゃないだろうな」という表情。はい、違います。

結局、テキストを開いていたのは小1時間程度。でも、つかの間のタイムトリップで、感情と頭の中がすっかりリフレッシュ!勉強はまた次回に、ということで。

at 01:13|Permalink 日々のデキゴト 

June 13, 2005

東京タワー

■Symbol of Tokyo!

週末に、ACTY汐留の42Fでザ・パーティ!

そこに住む知人が住民専用パーティルームを貸し切ってくれ、友人・知人がガヤガヤと80名ほど大集合。

2016122e.jpg


雨降りかと思っていたけれど、運良く、そうならず!梅雨入り直前、雲の合間に見える夕陽を前菜に、次第に暮れていく東京の夜景の移り変わりを大いに満喫♪

42Fのテラスから、風に吹かれながらグラスを片手に、眼下に広がる景色を眺めつつぼ?っとしたり。

ちょうど真正面には東京タワー。

夜景にこの東京タワーが入るだけで、なぜだかホッとするような胸が踊るような・・・。東京で生活している証、それを再確認するような気分。

自宅から東京タワーを眺めることが出来ないからこそ、こうしたたまの機会に、そんな気分を味わえるんだろうな。

873e95c9.jpg
そういえば、GWの中日に食事をしに行ったのは、東京タワーのすぐ足元。

東京タワーの真正面に陣取っている九四という串揚げ屋さん。カウンターで旬の野菜を次から次へと平らげた後、おとなりのGARB Pintinoというカフェへ。

テラス席から見上げる東京タワーも、これまた圧巻!

おしゃべりしてても、間接視野に煌々とタワーの光が入ってくるので、ついついよそ見。結局そこにいる間中、アゴが上がりっぱなし。

高いタテモノを見ると、つい一番上まであがりたくなる習性な私。今まで、いろんな高いタテモノを制覇してきました。でも、タワーをふもとから見上げ続けることなんて、そういえば、今までしたことなかった・・・。

真正面から、下から、と続いたので、今度は久しぶりに、東京タワーをのぼってみようかな。

at 00:02|Permalink 日々のデキゴト 

June 06, 2005

有隣堂のブックカバー

■本も衣替え

最近、待ち合わせをした場所が、たまたま続けて、有隣堂という本屋さんのあるエリア。
恵比寿、六本木、みなとみらい。行く場所、行く場所に有隣堂のマークです。

待ち合わせの時間まで余裕があったので、ぶら?っと店内をお散歩。

「少しでも時間があったら、チーズの名前を1つでも多く覚えましょう!」、という心がけで日々を送っているこのごろ(ホント?)、そういえば、最近、ちっとも本を読んでいなかったな。友人からGW前に借りた本も、実はまだ1ページも開いていないのです。(ゴメンナサイ!)

久しぶりに本屋さんをのぞくと、ちょっと見ない間に、興味をそそる本があふれています。パラパラ斜め読みして、久しぶりに文庫本を何冊か購入することに。

dbdea81a.jpg
レジで本を出し、お会計を済ませると、「カバーはどの色になさいますか?」と、店員さん。手元には10色のきれいな紙見本が・・・。

「??」

普段、本を買うと、「カバーはおつけしますか?」と聞かれるので、てっきりそれを聞かれているのかと思っていたら、色をどうするのか?と言っています。

「えっ、好きな色を選べるんですか?」
「ええ、そうですよ。お好きなものをどうぞ!」

う?ん・・・。レジの前でしばらく佇んでしまいました。なんだか、選ぶ色で心理テストをされている気分。そうして選んだのがこの色。

ふと、ストックホルムのORDNING & REDAで衝動買いしてしまった、買ったはいいがどうやって使おうか悩んでいたビニール製のカバーがあったことを思い出し、これに重ねてみたら、あらあらしっくり。

e67d4427.jpg


今回は思いつきで色を選んでしまいましたが、作家別やジャンル別に色を揃えていくとキレイなんだろうな。有隣堂のセンスには、コロッと参ってしまいました。

at 00:40|Permalink 使って楽しいモノ