August 2005

August 29, 2005

4年ぶりの再会

■バンコクでの出会い

先日、4年ぶりにタイ人の友人と再会。
彼女とは、4年前にバンコクで知り合って以来、メールがなんとなく続いて今に至る、という仲。

当時、50人程度が集まる社内会議をバンコクで行うことになり、そのアレンジ全般を担当することになった私。会場となったFour Seasons Bangkok側の担当者がその彼女Pちゃん、という間柄。

開催が決まってからは、会議に向けての3ヶ月間、毎日毎日、Pちゃんとおびただしい数のメールをやり取り。まるでネット恋愛状態です(・・・って、経験ないけれど)。

こちらの無理な要望や、些細で面倒なお願い(ベジタリアン達が、『この野菜は食べられるけど、これはダメって言ってる』のような・・・)にも、Pちゃんはいつも快く対応してくれて、さらには、プロでなければ浮かばないような名案を提供してくれる・・・。

「さすがプロだなぁ?」と、まだ見もせぬPちゃんの仕事ぶりに、すっかり信頼を置いていました。

そんな訳で、現地で会ったときには、一目で意気投合!

メールではできなかった雑談をする中で、お互い同世代、会社での勤務年数も一緒、ということも分かり、ますます親近感。

疲労困憊、クマができていた私を、Pちゃんは他の仕事を抱えながらも、全面的にサポートしてくれました。

Pちゃんをはじめ、現地の同僚達とも姉妹のように仲良くなり(うち一人は、私と顔がウリふたつ!)、彼女達の奮闘、サポートのおかげで、会議は滞りなく終了。

本当にいつも思うのだけれど、周囲の方には助けてもらってばかり。出会う人、出会う人に恵まれてるなぁ、と、バンコクのことを思い出すだけで、心がほんわりします。

■再会!

「8月に主人の実家へ行くことになったので、東京で会いましょう!」とメールが入ったのが2ヶ月ほど前。

顔を見ない間に、Pちゃんは結婚退職していて、9ヶ月になる男の子がいるのです。

彼女の旦那様は日本男子。Four Seasons Bangkokの日本料理レストランShintaroで料理をする傍ら、マネジメントなどにも携わっていらっしゃるお方。お目にかかるのは初めてなので、とっても楽しみです。

再会場所は、もちろんFour Seasons Tokyo。

0669dbf2.jpg
待ち合わせの時間にロビーにいると、見覚えのあるPちゃんの姿と、彼女に抱かれた愛らしい赤ちゃん、その傍らには旦那様。

「わー、元気だった?久しぶり?」
「全然、変わらないね!」

4年の月日がギュッと縮むような不思議な感覚・・・。


食事をしながら、お互いの近況報告で盛り上がり、ご飯はそっちのけ。

Pちゃんは、目下、日本語を一生懸命勉強中。旦那様と私の日本語での会話は、大体、理解できるようになっただとか、旦那様は、現地のテレビ番組にも出演していて、料理人以外のお付き合いも増えてきただとか、料理人の世界は狭く、著名な料理人(私でも知ってる!)たちと情報交換する機会もあるし、バンコク進出を考えている人の相談に乗ったりしている、だとか。。。

と、近況報告から、旦那様のお話へいつの間にかシフト。

ご本人は多くを語らないけれど、「もしや、その世界では名の知られた方なのでは?」と思わせる様子です。

ちょっと検索してみたら、Shanghai Starという上海の英字新聞に、その旦那様が紹介されている記事を見つけました。むむ、やはり・・・。

63460635.jpg
さて、Pちゃんが赤ちゃんを寝かしつけに席をはずしている間、旦那様に、Pちゃんと私が出会った時のエピソードを話しました。

「・・・、ということは、メールのやり取りだけで、会うのはその時以来なんだね。でも、人のご縁って、近くにいるからっていうだけで付き合う人もいれば、1回しか会わなくっても、こうやって、ご縁が続く人もいるし・・・。回数ではないんだよね。」

そう。私がいつも心に思ってることを、旦那様もおっしゃってくれました。今回、Pちゃんファミリーに会ったのも、そのご縁があるから。

「来年は、是非、バンコクに遊びに来て!この前は仕事だったから、ホテルに缶詰でどこへも行けなかったでしょ?空港も新しくなるし、Naomiが来たときにはなかった地下鉄も開通してるし、町も変わったわよ。あちこち連れていってあげるから任せてね!」、とうれしいお誘いまで。

おみやげに、と、かまわぬで見つけた、てぬぐいでできた赤ちゃん向けの腹掛けとスタイをプレゼント。洗濯がきくし、赤ちゃんの肌触りにもよさそう。

また会うことを約束して、4年ぶりの再会はおしまい。今から、次に会う日が待ち遠しいです。

at 00:09|Permalink 日々のデキゴト 

August 22, 2005

タイ料理の必需品

★アクセス数、一挙に4倍増!(一瞬のことだけど・・・)

先週の土曜日のこと。

日経新聞の土曜版、「Nikkei Plus 1」を読んでいたら、タレントのはしのえみさんのインタビュー記事が。彼女もアロマテラピー・アソシエイツのバスオイルを愛用している、とのこと。

ふ?ん、そうなんだ・・・、とさらりと読み流していた私。すると、その日のブログのアクセス数が、なーんと、普段の4倍に。

「ドリコムブログさんったら、またサーバートラブルかな・・・?」と、目を疑ったものの、そんなアナウンスが一向に流れない。

そこで、どんなキーワードで検索してたどり着いてきたか分かるページがあるので覘いてみると、「アロマテラピー・アソシエイツ」という言葉がぞくぞく。

その日以来、さすがに4倍とはいかないものの、連日、普段の2倍ものアクセス数が続いています。ありがとうございます!

(お気に入り経由でアクセスしている場合は現れてきません。検索経由の場合だけ分かるようになってます。念のためね。)

メディアの影響力の話はよく聞くけれど、その余波を実感したのは今回が初めて。とにかく、今後もみなさまのお越しを、心よりお待ちしております♪

■気分は原始人

さて、残暑厳しいこのごろ、急にタイ料理が恋しくなり、久しぶりにクロック(石臼)の登場。

58bb4956.jpg


何年か前に、タイ料理を習っていたころ、先生の自宅にあったクロックに一目惚れ。どっしりしていて存在感があるけれど、シンプルな石の塊を加工しただけ、っていう単純なところに惹かれてしまった。

日本でも買えるのかな?と思い、先生に尋ねてみたら、「カルディ経由で買えるはずよ!」とのこと。

その後迷わずカルディに電話して、タイから取り寄せてもらい入手した次第。(たしか、ネット通販では取り扱っていなかった記憶が・・・。)

届いてみると、ずっしりと重い。体重計に乗せてみたら、直径20cm程度なのに5kgも!

付属のこん棒(と、呼んでいる)もしっかりした重さのため、ほとんど力を入れなくても、硬い粒コショウや山椒を潰すのがラークラク。同時に、石器時代の人になった気分も味わえます。

e638e898.jpg
タイ料理は、このクロックで、にんにくや粒コショウなどを潰してペーストを作ることがほとんど。

それさえ作ってしまえば、あとは煮込むなり、和えるなり。

思っている以上に簡単で美味しく、スパイシーなタイ料理のできあがり!

今回は、私の十八番、クン・オップ・ウンセン(エビと春雨の土鍋蒸し)、という料理を作りました。

ペーストには、コショウ、にんにく、山椒などをたっぷり利かせ、あとはショウガのスライスと共に、材料や調味料と煮込むだけ。

爽やかな山椒とショウガの風味が利いて、食欲がもりもり沸いてきます。エビの出汁をたっぷり吸い込んだ春雨もたまりません。

毎年、夏になると食べたくなるこの料理。クロックの出番もこの時だけ、と思いきや。夏の涼をとるのに、クロックに水を張り、色鮮やかな花やウォーターレタスを浮かべたり。2度美味しい石の器です。

at 00:25|Permalink 使って楽しいモノ 

August 15, 2005

心酔!水出し紅茶

■茶葉の有効活用

夏になると、水出し茶の出番!

断然コーヒー派なので、普段は、家でも外でもコーヒーばかり。
ハーブティや中国茶も好きだけど、ゆっくり楽しむ時間がないと、ついついコーヒーに手が伸びてしまう。

そういうわけで、いただきものの緑茶や紅茶は、普段、買わないだけに、色々と試せるのでとっても嬉しいものの、実は少々もてあまし気味・・・。

そこで、そんなかわいそうなお茶たちを、夏にはふんだんに使ってあげることに。

寝る前に、ポットに水を入れ、パックに詰めた茶葉をポンと入れ、冷蔵庫に入れたら、あとは寝るだけ。朝起きると、ゆっくりと抽出されて、それはそれはまろやかな味のお茶ができあがり。

2c4a767b.jpg


とっても楽チンで、不精な私にはぴったり!

暑いからといって、冷たい飲み物ばかり飲んでいては、体のために良くないんだけど、美味しくて、毎年夏になると、こればかりは止められない。

■心からオススメ♪

f7ef8ffc.jpg
色々な茶葉がある中で、最近、夢中になっている組み合わせ・・・。

それは、トワイニングスのレディグレイ+キャラメルシロップ

レディグレイは、アールグレイのベルガモットの爽やかな香りに、オレンジピールやレモンピールなどがブレンドされている、ここ数年、人気の紅茶。コーヒー党の私でも、この紅茶だけは思いつくと買っているもの。

余談ですが、7、8年前、このレディグレイをイギリスみやげにいただいた時のこと。

初めて飲む香りの良さに感激し、一緒に飲んでいた同僚が、「日本でも、ぜひ販売してください!」と、興奮してトワイニングス輸入販売元の片岡物産へ電話していた姿を、今でも忘れない・・・。

この働きかけが功を奏したか分かりませんが、その電話の時の、「日本での販売予定は現時点では検討されておりません。」という返事だったことを思うと、多少は影響があったのかな!?

さて、このレディグレイを一晩水出しし、ある日、冷蔵庫の中で減らずに眠っていたキャラメルシロップをいれてみたところ、美味しさのあまり、びっくりして目が覚めた!

レディグレイの爽やかな香りと、キャラメルの甘い風味がミックスされて、もぉ、うっとり・・・。甘いのは香りだけ、飲んでも甘味が気にならないのも気に入ったところ。

蒸し暑さでだらけている中、このお茶が冷蔵庫にある!と思うだけで元気が出てくるほど。
今日もこれから仕込んで眠ります♪

at 00:58|Permalink 舌がよろこぶモノ 

August 08, 2005

北アルプスへ

■今度は山へ

週末は、安曇野・穂高へ家族総出で小旅行。
何をする訳でもなく、ただただ高原の澄んだ空気と景色を楽しむためだけに。

73377dc0.jpg


3,000m級の山々が、シルクスクリーンのように重なっている風景は、いつ見ても圧倒されます。ふ?。

06d9eb2e.jpg
夏の北アルプスへ行ったのは、何年ぶりだろう。

今回感じたのは、なんとなく、アルプスも湿気が多くなっているような・・・。

朝晩は、たしかに爽やかな高原の空気そのものなんだけど、日が昇るにつれ、どことなくジメジメ感が漂う感じ。

記憶の中では、カンカン照りの日中でも、やっぱりここは高原なのね?、と思える爽やかさだったんだけどな。

まぁ、毎年行っている訳ではないし、最近の東京の熱帯気候ぶりに辟易しているもんだから、勝手な思い過ごしかもしれないし。

その証拠かどうか、コテージの前には、季節外れのアジサイが堂々と咲き誇っていました!

ところで、周辺の地図を眺めていて急に思い出したのが、上高地帝国ホテル

GWから11月初旬までのオープンで、車の乗り入れも出来ないエリアにあるというホテル。
ず?っと以前から泊まってみたいな・・・、と思っていたことを何年かぶりに思い出しました!

予約が早々と埋まってしまうので、あきらめているうちに忘れてしまっていましたが、また予約にトライしてみようかな。実現するかわかりませんが、来年以降に是非行ってみたい♪

また、今回の収穫は、北アルプス牧場のおいしい牛乳を飲んだこと。

33a523ee.jpg
 c4776ecc.jpg


私達が普段口にする牛乳は、130℃2秒で高温殺菌されているので、牛乳の中に含まれているたんぱく質が変質した、いわば焦げている状態のもの。飲んでいてなんとなくとろみを感じるのは、この焦げたたんぱく質によるものだそうです。

それにひきかえここの牛乳は、65℃30分の低温殺菌をしているため、本来の風味やコクがしっかり残っていて、飲んでいても口の中がすっきり。水のようにさらさらした牛乳です。もちろん、美味しいのは言うまでもなし!

チーズの勉強を始めたおかげで、ノンホモナイズ(脂肪を砕かずそのまま)、パスチャライズド(低温殺菌)などという言葉の意味がすんなり分かって、それだけで嬉しくなってしまいました。

低温殺菌の牛乳を飲むチャンスがあれば、ぜひ試してみてくださいね。

at 00:37|Permalink 旅したコト 

August 02, 2005

地球上の楽園

■南の島へ

320もの島々から成り立つ国、フィジーにて、友人ら5人と夏休みを過ごしてきました。

エコノミークラスだというのに、シャンパン、ワインがふるまわれ、アイマスクや靴下、歯ブラシセットも配られてしまうだけで、そのホスピタリティにすっかり感激。

クルーの人たちの自然な笑顔にもすっかり心がほぐれ、成田から直行便で8時間半のフライトはすこぶる快適。島に到着する前から、フィジー大好き!になってしまうほど。

5e1a0559.jpg
目的地は、ナンディ国際空港から小型機で10分の距離にあるマナ島

空から眺める海の青さは、息をするのも忘れるほど美しい。珊瑚礁によってできる海水のグラデーションは、「いったい、誰がどうやって作ったの??」というくらいの感動の絶景。

ところでその小型機、操縦士を入れて10名定員という代物。

そのため、チェックインカウンターにて、スーツケースの重量計にひとりずつ乗らされて、しっかり体重チェックを受けました・・・。

マナ島は島全体がひとつのリゾートになっていて、ブレと呼ばれる建物が敷地内に点在している島。

スキューバダイビングなどのマリンスポーツもできるし、他の島へのクルージングツアーもこの島から出ていたり。何もしないでのんびり過ごすのもよし、海で楽しむのもよし!という島です。

1efb3fd4.jpg
トム・ハンクス主演「Castaway」のロケ地の無人島は、マナ島から船で1時間半のところ。

私たちも船の上でシャンパンやランチを楽しみながらCastaway島へ向かい、シュノーケリングを楽しんできました。

オーストラリアやニュージーランドから近いため、島にやってくる観光客はそのお国の方々がほとんど。

日本人は、お互いが覚えられる程度の人数で、とっても快適に過ごせます。

カップルや一人旅で行っても間違いなく楽しめる所だし、家族や友人のグループで行っても、老若男女問わず、素敵な休暇を楽しめる島です。

■Bula!

7af458f6.jpg
フィジーの人たちは、目と目が合うと「ブラ?(こんにちは)!」と声をかけあいます。

ブラ?、と笑顔で声をかけられ続けているうちに、私たちも自然に「ブラ?!」。

美しい海と空に囲まれ、夜には星がそれはそれは天空いっぱいにきらきら。天の川や流れ星もしゅーしゅー。

通勤ラッシュもなく、周りにあふれる情報の海にもまれるでもなく、こんなところで日々暮らしていると、心のゆとりがこれほどまでに違うのか、と、再認識。

家の中での私、会社での私、友人達といるときの私、ひとりでいるときの私、それぞれ微妙に違う私の顔を無意識に作っていたかもしれないけれど、フィジーにいたら、そんな必要はまったくないんだなー。

フィジーに暮らし始めて11年目になる友人のお父様によると、「フィジーの観光客は本当にリピーターが多い。周囲には、ニューカレドニアやタヒチなどの観光地もあるけれど、フィジーの国民性に惹かれて何度も足を運ぶ人が実に多い」、とおっしゃっていました。

まったく同感!

必ず絶対にまた行こう!と心に誓いました。日本へ戻ってきた今でも、思わず、「ブラ?!」と挨拶してしまいそうです(笑)。

■幸福の予感!?

b840613f.jpg
1週間の滞在中に、3組ものウェディングとイルカに遭遇。

ある日の午後、ビーチの木陰で寝そべっていたら、すぐ横を、やおらスタッフが砂浜を掃き清め出し、色鮮やかな花でアーチを飾り立てはじめます。

「ブラ?!もしかして結婚式?」
「そう、5時からだよ」
「このままここに寝そべっててもいいのかな?」
「うん、構わないんじゃないかな」

と、水着のまま、結婚式場のメイキングから挙式の一部始終を傍らで拝見。

私達が寝そべる横にイスを並べ、ニュージーランドからやってきた、というおばさま3名が登場。

身内の方かな?と思っていたら、「彼女は、明日のbrideのお母様なのよ。明日、同じ時間にここで挙式するのよ」、と一人のおばさまを私達に紹介。ということで、翌日もサンセットウエディングを見学。

別の日には、サンセットビーチという、名前のとおり日没が美しいビーチ沿いにチャペルがある、というので、「見てみたいね!」とお散歩。

そうしたら、偶然そこでも挙式が・・・。顔見知りになったスタッフが私達を手招きし、幸運にも中へ入れてもらうことに。

結婚式でフィジーの人が歌う歌は、どれも心にじんわりと染み入る。サンセットと相まって、幸福感が倍増。そんな幸せを3回も分けていただきました。

1926312d.jpg
イルカに出会ったのは、マナ島を去る日。

船で本島へ向かいながら、名残惜しく、デッキで風に吹かれながらマナ島方面をぼーっと眺めていたら、いきなり視界に水しぶき。

親らしきイルカが2頭ジャンプしたと思ったら、続けて子イルカがジャンプ!!

「えっ、イルカを見たの?それはものすごくラッキーなことですよ。10年いるけれど、私はまだ見たことがないんだから。」と、友人のお父様。

毎年、休暇の後は現実に戻るのが辛いけれど、今年は特にそう。まだまだ思い出に浸っていたいし、もう一度、帰りたい・・・。

家に帰ってみたら、先週のチーズの1次試験の結果が届いていました。
結果は、無事にクリア!わ?い♪

1ヵ月後の2次試験に向けて、頭をそろそろ切り替えなきゃ。余韻に浸りながらも、もう一度試験モード突入です。

at 21:46|Permalink 旅したコト