January 2006

January 30, 2006

体験!モッツァレラチーズ作り

■あつあつ!

b401d511.jpg
日の出とともに家を出て、千葉の新生酪農へ。

日曜日は、チーズの先生+仲間とともに、モッツァレラチーズの製造体験です。

モッツァレラチーズは、イタリア南部の水牛製のモノが本家本元。モッツァレラ・ディ・ブーファラ・カンパーナ(カンパーニャ地方の水牛のモッツァレラ)、というのが正式名称です。

お値段は少々張りますが、牛乳製との違いは歴然!ジューシィでミルキー、口の中で優しい甘味がふわ?っと広がります。何もつけないで、そのまま食べてもとっても美味しい。

日本では、水牛のミルクが手に入らないので、もちろん今回は牛乳製のモッツァレラを作ります。新生酪農の牛乳は、ミルク本来の美味しさを残したまま作られているので、牛乳製といえども期待が高まります。

さて、白衣をはおり、帽子で髪の毛をすっぽり覆い、白いゴム長靴を履き、エアー・カーテンをくぐったら、いざ、作業開始!まずは、牛乳を固める工程です。

乳酸菌とレンネット(固めるための酵素)を入れると、それまでタプタプの液体だった牛乳が、ゆるやかに杏仁豆腐状態へと変化。

ぷるん、と固まった牛乳を、今度は細かくカットしていきます。そうすると、乳清(ヨーグルトの上澄みと同じ)、という水分がどんどん排出されていきます。まさに杏仁豆腐!

3210ce25.jpg
6abe0cfe.jpg

「杏仁豆腐」をかきまぜ続けること約30分。みんなで交代しながら、チリトリみたいなかきまぜ道具で、ひたすらグルグルグル・・・。杏仁豆腐の角が取れて、だんだんマシュマロに見えてきます。

その間に、乳清をコップに入れてもらい試飲タイム。ミルクの甘い香りがほんのりして、ほっと一息。そして、午前中の作業はここまで。

75445f9d.jpg
あとの細かい作業は工場の人へお任せして、待ちに待ったランチタイム!みんなで1品ずつ持ち寄って、ちょっとしたパーティ気分です♪

朝早く起きて焼いたという、感激のサーモン・パイをはじめ、ビーツ入りのポテトサラダ、ゴルゴンゾーラのペンネなどなど、盛りだくさん。

私達には欠かせない美味しいチーズの数々、ワイン、パン、フルーツ。それに、新生酪農特製のアイスクリームをご馳走になりました。アイスクリームなのに、後味はとてもさっぱり。満腹のおなかにスーッと入っていきました。

房総の日差しはポカポカ。お腹も満たされ、早起きしたこともあって、ぽ?っとしていたら、「そろそろ準備ができましたよ!」、と工場からお呼びの声です・・・。さぁ、午後のお仕事開始!

先ほどまで水分に浮いていた「マシュマロ」は、すっかり水分が抜けて、白い四角い座布団になっていました。

それにナイフを入れ、細長くカットしていきます。そこへ入れるのは何と熱湯です。シリコン製の「ミッキーマウスの手」のような手袋をはめた工場の方が、手で、どんどんこねあげていきます。わー、熱そう・・・。

すると、ぱさぱさに見えた白い塊に、みるみる艶が出てきました。ツルツルしていて、思わず撫でたくなります。そのうちに、びよ?んと伸びるように。

ここからが私達の出番!

熱い湯に浸したままの塊を、どんどんちぎり、好きな形に仕上げていきます。ちなみに、イタリア語で「ちぎる」ことを、「mozzare(モッツァーレ)」といいます。モッツァレラチーズは、「ちぎって作るチーズ」ということなんですね。

a800836a.jpg
ちぎる作業は力がいるので、本場イタリアでは2人がかりでちぎる、と聞いていたけれど、今回はそれほどでもなく、ひとりでも大丈夫。

それよりも難しかったのが、「好きな形に仕上げる」こと。

頭の中では「ウサギ」と思いながらも「ハート形」になったり、「お月さま」と思いながら「北京風水餃子」ができあがったり・・・。

みんなも、「あっ、ニンニクができちゃった」「チューリップを作ってたのに、タコのウィンナーだよ・・・」、という感じ。

ゴム手袋をはめていたものの、湯気の熱さにやられて根気が続かず、終いには、無難なモッツァレラチーズばかり作ってしまいました。あー、暑かった。モッツァレラチーズ作りは暑さとの勝負です。

作ったチーズは、工場の方が「作者」と関係なく適当に分けてくれて、即日持ち帰りです。そして家に帰って開けてみたら、思わず、吹き出してしまうような形が続々と・・・(ゴメンナサイ!でもお互い様ね)。

ほら貝のようなコルネットのような巻きタイプ、ただの細長い棒のスティックタイプなどなど。みんなはそれぞれ何を作りたかったのかな?、と想像するだけで大笑いです。

早速、出来立てを食べよう!と、カプレーゼにしてみました。
形はどうあれ、味はバツグン!作りたての上、ミルクの美味しさが際立っています。あっさりしているので、パクパク食べてしまいました。

まだまだたくさん残っているので、味噌漬けにしたり、トーストと一緒に焼いたりなど、しばらく、モッツァレラ三昧の日々になりそうです。

at 00:55|Permalink チーズまわりのコト 

January 23, 2006

塩バターキャラメル

■大雪の東京

8834f4a1.jpg
土曜日の朝、ぱっちり目が覚めたら、外は一面、白、白、白。

枯れ木にふんわり雪が積もって、白いサンゴ礁みたい。

こんな日は、一歩も外に出ないで、あったか?いミルクティを飲みながら、のんびり部屋でくつろぎたいな・・・。と、朝一番に、ロイヤルミルクティを淹れてみました。

お湯で茶葉を蒸らしておいて、温めたミルクに茶葉を入れたら、数分蒸らしてできあがり。

小さい頃の記憶なのか、雪の降る日は、なぜだか甘いミルクティが恋しくなります。でも、今回、砂糖を入れずに作った理由は、塩バターキャラメルがあるから♪

ブルターニュ産ゲランドの塩を使った塩バターキャラメルは有名ですが、これはノルマンディ産のモノ。年末年始をイタリア・フランスで過ごしてきた、「胃袋つながり」の友人からのおみやげです。

去年の秋、ドライブのお供に・・・と、コンビニで見つけた「小枝」の期間限定、ブルターニュキャラメル。普段、お菓子はあまり買わないところ、この小枝にすっかりハマってしまいました。それ以来、この小枝を見かける度に、2箱まとめ買いしてしまう程に。

その事を友人に話していたところ、旅先でこのキャラメルを見つけ、私のことを思い出してくれたそうです(笑)。どうもありがとう!

この塩バターキャラメルをぽんっと口に放り込み、温かいミルクティを飲むとほどよく溶けて、あま?くていい香りが口中に広がります。朝から至福の時♪

773a207e.jpg

ノルマンディといえば、リンゴのお酒カルヴァドスとシードル、そして、元祖・カマンベール・チーズ発祥の地としても有名。

ノルマンディは酪農が盛んな土地なので、チーズをはじめ、生クリームやバターもたくさん作られています。AOCチーズも4つあるし、AOCバターのひとつ、イズニー(isney)バターも、ノルマンディが産地です。

そういえば大学時代、フランス語の授業で一番初めに手にしたのが、ノルマンディの楽しい1年」、とかいうテキスト。その授業では、アトランダムに指されて、答えられないとマイナスがついて、それが3つになると、いくらテストでいい点数を稼いでも単位がもらえない=進級できない・・・というスパルタ授業。

毎週、授業の前の日は、朝方までかかって単語をひとつひとつ辞書で調べていました。時には、3?4人で友人宅へ泊まり、分担して調べたことも。「仏文科に入った訳でもないのに・・・」とみんなで愚痴りながらも、薄っぺらいテキストを1年かかって読み終わりました。その授業は、ちっとも「楽しい1年」とはなりませんでしたが・・・。

そこには、シードルの作り方が書いてあったような記憶があります。そのため、「ノルマンディといえばシードル」、と強烈に刷り込まれてしまったのでした。そういえば、「ル・ブルターニュ」で飲めるお気に入りのシードルを最近飲んでないな・・・。

久しぶりの大雪から始まって、ミルクティ → 塩バターキャラメル → ノルマンディ → フランス語の授業 → シードル、と、ひとり連想ゲームになってしまった朝でした。

at 00:03|Permalink 舌がよろこぶモノ 

January 16, 2006

iPod nanoケース

■イヤホンすっきり!

電気製品につきもののコード類。
コンセントに挿しっぱなしでOKなものは問題ないけれど、ドライヤーなど、ハンディなもののコードをきれいに束ねるのがとっても苦手。

使った後、うにゃうにゃ、って曲げるだけなのに、それがどういう訳か上手くいかない・・・。他人に貸して戻ってきた時、きちんと束ねてあるのを見る度に、やっぱりそう思います。

包装紙でラッピングするのも苦手。悪戦苦闘していたら、見かねた友人から、はぁ?、とため息をつかれ、「もぉ、いいから貸してごらん!」と言われる始末。どうやら、指先を使って形作るのが苦手みたいです。一言でいえば、不器用ってことですね。

通勤のお供、iPod nanoを手に入れた後も、その悩みがつきまとっていました。
イヤホンがからまないよう、自分なりに念入りに巻いてバッグのポケットに入れておいたのに、いざ、取り出してみると、こんがらがっている始末。ほどいているうちに、1駅過ぎてしまいます・・・。

みんなは一体どうやって持ち歩いているんだろう?何かいい方法ないかな?って、思っていたところ、仕事上、目を通している日経BP社の記事これを発見。

fbbbced6.jpg

記事中にもある通り、羽田の町工場でプラスチック製の家庭雑貨を製造している、みとさん、という方が作ったもの。自作のケースをBlogで公開したところ評判になり、商品化に至ったそう。

値段もお手ごろの1,800円だし、迷わず購入です。見た目も、使い心地も、そして懸案のイヤホンのスッキリ具合も、予想以上ですっかり満足!

一時は、「iPod持ち歩くの、止めちゃおうかなぁー」と思った程でしたが、このおかげでバッグの中に復活です。私の弱点を見事救ってくれたみとさんに感謝です!

at 00:27|Permalink 使って楽しいモノ 

January 09, 2006

香港night!

■2006年初!

新年早々休暇を頂き、今年まだ1日も働かぬまま、友人のいる香港へ遊びに行ってきました。

行きのJALは、ビジネスクラスへアップグレード。今年1年、幸先いいぞ?♪
滞在中、食べ歩きはもちろんのこと、マカオへ足を伸ばしたり、Repulse BayやStanley辺りをお散歩したり、泊まったホテルのスパでのエステ・・・。すっかりいい気分の年明けです。

a9f7c451.jpg
a66cdc44.jpg
abd207eb.jpg
14b61eb9.jpg

歩いていて偶然目に入ったaqua tokyo/romaというお店の名前。直感で「ここは良さそう!」、と入ってみたら、そこは香港の夜景がばっちり見えるオシャレなバー。(リンクしたお店のHPで、バーからの夜景が見られます!)

febbae44.jpg
ハーバーを臨むビルの30F。天井の高いフロアをぐるりと囲む窓は、足元から天井まで全面ガラス張り。

あっちを向いてもこっちを向いても、香港の夜景がキラキラと目に入ってきて、と?ってもムード満点。もしこんなところが東京にあったら、毎週末、飲みに行きたいくらい。

ここはマティーニの種類が多くて、ストロベリー&バジル、アップル&シナモン、ジンジャー&ハニー、なんていう変り種が楽しめました。

雰囲気の良さとお酒の美味しさに、帰る気持ちがまったく起こらず、午前2時だったか3時だったか、週末を楽しむ人々で賑わっていた店内には気付くと私達だけ・・・。

名残を惜しみながらお会計を済ませ、Lan Kwai Fongというエリアへ飲み直しに行きました。結局、眠りについたのは午前6時ごろ。ところ変わっても、している事は同じです・・・。

ところで、街中で目立ったのが火鍋屋さんの大繁盛ぶり。金曜の夜は、あちらこちらの店先に、おびただしい数の人だかりが出来ていました。

折りたたみイスに並んで座り、TVを見ながら待つ人々でいっぱいの待合室の混雑ぶりには圧倒されます。今回は食しませんでしたが、次の機会はぜひ!です。(すっかり、また行く気になってます)

さて、明日は仕事初めです。休みボケの頭に、そろそろエンジンかけなくちゃね。

at 22:05|Permalink 旅したコト 

January 02, 2006

あけましておめでとう!

■2006年!

年賀状書きは、例年の頭痛のタネ。
書き始めてしまえば、なんていうことはないものの、ついつい後回し・・・。

今回も例外にもれず、大晦日にようやく手をつけました。毎年遅くてゴメンナサイ。元旦早々に年賀状を下さった方々、どうもありがとうございます!

d77a9343.jpg
初詣の途中で見つけた「ムラサキシキブ」

さて、1年の計は元旦にあり。

52週ある1年を有意義に過ごせるよう、今年やりたい事などを、思いつくままにつらつらと書き出してみました。

そして、昨年初めてやってみたように、それを手帳に挟み、今年も毎日眺めてみようと思います。

高校の大先輩でもある私の「師匠」の教えに従ったまでですが、昨年は11項目中、7項目が実現しました☆我ながら、なかなかの結果です。

もちろん、「PCを買い替える」「旅行する」などの細かい事から、「人生のミッション」「将来の夢に向けて」などの大きな事も含んで、の話ですが・・・。まぁ、「何事も気楽に!」がモットーの私には、この方法がぴったりのようです。

それでは、みなさま、2006年のスタートにあたり、今年もどうぞよろしくお願いいたします!

at 16:08|Permalink 日々のデキゴト