July 2006

July 31, 2006

サンルイのクリスタル

■職人技にカンパイ!

a8e5ca9e.jpg
先日のシャンパーニュの会では、持参するシャンパーニュについてアドバイスを頂いたり・・・、と、近頃、何かとお世話になっているワインのプロ。

彼女の会社が事務局となっている、「アール・ド・ヴィーヴルの会」という会員制のイベントにお誘いをいただき、顔を出してまいりました(ついつい、口調も丁寧に・・・)。

イベントのテーマは、「サンルイのグラスでシャンパーニュを楽しむ」会

サンルイは、1586年創業のフランス最高峰の技術と伝統を誇るクリスタルメーカー。ロレーヌ地方の山間の工房で、職人技をいまだに伝えているブランドです。

日本での知名度はまだまだ低いようですが、パリ万博ではグランプリを受賞したり、ヴェルサイユ宮殿でのエリザベス女王を招いた食事会には、200セットのサンルイのグラスが「鏡の間」を埋め尽くしたとか、数々の逸話あり、です。

それでもビジネス的には、細々とやっていくには色々と状況も厳しいようで、あのエルメスが手を差し伸べたそう。店内のどこにも「Hermes」の文字は見当たりませんが、現在では、エルメス・グループの一員になっているんだそうです。

そんな贅沢極まるグラスで、シャンパーニュをいただけるなんて・・・♪、と少々ドレスアップして、丸の内のショップへお邪魔いたしました。

閉店後の店内は、目の覚めるようなモダンなデザインのシャンデリアと、マカロンを使った色鮮やかなディスプレイがお出迎え。

e34b73fb.jpg

マカロンは、あのSadaharu Aoki氏が前日に来店し、直接手がけてくれたそう!

834a4739.jpg

c479609c.jpg

8月中頃までの3週間を、1週間毎にテーマカラーに沿ってディスプレイを変え、青木氏が飾ってくれるそうです。近くへ行く機会があったら、覗いてみてはいかがでしょう?

さて、会が始まり、まずはエルメス・ジャポンの担当の方からブランドの歴史についてのお話を。それから、店内奥の特別サロンに招き入れられ、商品の製造工程についてビデオを見せてもらいました。

その職人技といったら、言葉が出ない!

まずは「ホットワーク」。工房の炉から、アツアツのとろけるクリスタルの種を、長い竿で適量だけ巻き取る「巻き取り職人」、それを受けて吹きながら成型していく「吹き職人」など、多くの職人さん達が汗をかきながら大奮闘。

「巻き取り職人」は、ただひたすら「巻き取る」だけ。「吹き職人」もただ「吹く」だけに専念しています。細かい作業のどれもが、分業・専業制!

ad62c580.jpg
特に、グラスのステム(持ち手)部分を作る様は、見ていて、呼吸をするのを忘れてしまうほど。

まだ熱いクリスタルの種を、ピンセットのような道具でつまみながら、びよ?んと伸ばす。それが、何個手がけても同じ長さ、太さ、まっすぐさ、なのです。

次は、カットや装飾などを施す「コールドワーク」。色の付いたグラスをカットするのは、内側からでは向こう側が透けてみえない。

そんなところをまったくあたりなしの目測で、ダイヤモンドのような美しいカットを施していくのです。

グラスの縁に24金の液体で模様を描くにも、筆でひとつひとつ職人さんが丁寧に描いてくし、1脚のグラスを作り上げるのに、どれだけ多くの職人さんの手がかかっていることか・・・。ため息。

完成品を楽しむには、その歴史や製造工程などを知っているのとそうでないのとでは、印象に残る度合いがまったく違う、ということを改めて実感したのでした。

さて、感慨に浸ったところで、いよいよサンルイのグラスでシャンパーニュを楽しむ時間!

2ce8b0ce.jpg
Louis Roedererの注がれた様々なデザインのグラスが並び、煌めく泡もエレガントに見えます。

好きなデザインのグラスを選び手に取ってみると、さすがクリスタル、ずっしりと心地よい重みを感じます。

カンパイして、目にも美味しいアミューズにも手を伸ばし、お互いのグラスを鑑賞しながら会話も弾み、優雅な時間が流れていく・・・。

空間、会話、周囲のすべてがエレガントなのに、つい、いつもの飲み癖で、シャンパーニュを人一倍お代わりしてしまうところがエレガントになりきれない私・・・。まっ、これは仕方ありませんね。

とはいえ、まさに「Art de Vivre」な夜でございました。

at 00:10|Permalink 日々のデキゴト 

July 24, 2006

Seiko in 武道館♪

■夢のお告げ?

ワインの試験もあとひと月・・・。平日は帰って寝るだけなので、週末こそ勉強しよう!と思いながらも、まとまった時間をなかなか作れないのが悩ましいところ(と、ちょっぴり言い訳・・・)。

そんなところ、この土曜日は久しぶりにのんびりできることに。
起きる時間を気にせず寝られることが嬉しかったのか、珍しく、見た夢をしっかり覚えていました。それは、何故だか体育館みたいな所で歌を歌う、というシチュエーション。

本番前にリハーサルがあって、その時はノドもすこぶる絶好調!周りの人からも、「声がよーく出てるねぇ」とほめられながらも、いざ、本番では、緊張のあまり歌詞をすっかり忘れ、声も出ないし、もぉ真っ青・・・というもの。

歌なんて、普段歌う機会はまーったくなし。夢占い的にはどういう意味があるんでしょうねぇ・・・と思いつつベッドから抜け出し、朝食済ませて、掃除、洗濯。そして、「さぁて、取りかかりますか・・・」と、ワインのテキストを開いた時。

「突然だけど、今日の夜空いてる?聖子ちゃんのコンサートのアリーナが1席あるんだけど」と、友人から電話が。

松田聖子の全国ツアーのファイナルが、武道館であるとのこと。

そういえば、彼女のコンサートって、1回も行ったことないなぁ。ワインの勉強も、だらだらやってても仕方ないしということで、お誘いに乗ることにしました(相変わらず誘惑に弱いですね・・・)。

友人と待ち合わせて、武道館へ向かうと、ほとんどが40代以上と思しき女性が列を成し。。。

867b5187.jpg

圧倒的に女性が多いとは聞いたことがあったけれど、目の当たりにしてビックリです。それも、ラブリーなフリフリのミニワンピース姿の人もいれば、聖子ちゃんの衣装を真似て作ったらしいイデタチの人もちらほら。もちろん男性ファンも詰めかけていましたが、女性パワーの方が優勢のようです。

そんな熱心なファンの方々がアリーナ席にはたくさん!

「赤いスイートピー」が始まったら、お約束らしく、造花の赤いスイートピーを持ってスイングする人多数。MC時には、会場から聖子ちゃんへ話しかける人も多数。

背中の開いたドレスを着ていたら、「聖子ちゃ?ん、うしろ姿見せて?!」
聖子:「えっ、背中ですか?そんなお見せするほどのものではないですが、いいんですか?それでは・・・」と、客席へキレイな背中を披露。

聖子:「次は、新しいアルバムの中からとっても好きな曲を歌います」
ファン:「ボク、買ったよ?!」「私も?!」「きゃー、私も!」
聖子:「あっ、買ってくださったのね。どうもありがとう」

聖子:「クリスマスにはディナーショーをやります。日程は12月の・・・」
ファン:「17、18、19日!」と大合唱。
聖子:「わー、スゴイ。覚えてくれてるのね。それでは場所は?」
ファン:「新高輪プ・リ・ン・ス・ホ・テ・ル・飛天の間!!」

とこんな調子(笑)。「聖子初心者」には、いやぁ新鮮で面白かったです。

ふと、後ろを振り返ると、藤井隆&乙葉ちゃん夫妻と、モト冬樹さんが並んで座っている姿を発見。その辺りは招待席だったようで、ノリノリの会場とは違い、そこだけ落ち着いた雰囲気エリアでした。

さて、コンサートは、最終日ということもあってか大盛り上がり。今年デビュー26周年だと言っていましたが、聖子ちゃんの体力や歌声、お肌の美しさには、さすがプロ!と唸るほど。とにかくとてもエネルギッシュ!

エンディングにはヒット曲メドレー。これが一番大盛り上がり!
「天国のキッス」「青い珊瑚礁」「制服」「チェリーブラッサム」「夏の扉」などなど、20年前の懐かしい歌ばかり。

「みんなも知っている曲ばかりだから、大きな声で一緒に歌ってね?!!」と聖子ちゃんに言われたものだから、遠慮なく、お腹の底から声を出して歌わせてもらいました♪おかげで、気分スッキリです。

ちょっと違うけど、夢と多少はかぶってるかな。もしかしたら、「予知夢」だったのかも!?

at 00:05|Permalink 日々のデキゴト 

July 17, 2006

シャンパーニュづくし

■Champagne大集合!

胃袋つながりの友に誘われて、魅惑のシャンパーニュ持寄り会に参加。

主催者は、YahooとGoogleで「フレンチ」と検索すると、一番上に表示されるS氏(名刺にもそう書いてあるのです^^)。友人がS氏と昔からの知り合い、ということもあり、ワイン勉強中の私に声をかけてくれた、という次第。

参加者12名がそれぞれ1本、選りすぐりのシャンパーニュを持参するとのこと。

シャンパーニュに埋もれた経験はなく胸トキメキながらも、何のアイデアもない私はさぁ困った・・・。そこで、先日友人に紹介してもらった「1000のチーズ」のワインプロにお伺いを立てることに。

タイムリーにも、その彼女が書いたシャンパーニュの紹介記事が、レストランウェディングという雑誌に掲載中とのこと。その記事のPDFと共に、オススメのシャンパーニュをいくつか挙げてくれました。

その中から選んだのが、ラルマンディエ・ベルニエというもの。

fcd68fec.jpg

ブドウの栽培から醸造まで、一貫して行う家族経営のシャンパーニュで、初搾りの果汁だけで造られているもの。今、流行りのヴィオデナミ(自然有機農法)で造られている、というのも魅力的。すっきりしたシャープな味わいで、蒸し暑い季節にはピッタリ。

ということで、このシャンパーニュを抱いて、S氏の経営するビストロのひとつへ友人と一緒に向かいました。

いざ集まってみたら、12名誰ひとりとして同じシャンパーニュを選んできた人がいない。す、すごい!

a86f3d51.jpg
23bf1952.jpg
ce71fd8d.jpg
8dcb4e01.jpg

ac1e54b5.jpg
6bdb8965.jpg
1a55fdcf.jpg
0fd52e6f.jpg
下・左から2番目はF1レースの公式シャンパーニュ。表彰台で思いっきりシェイクしてプシューッと栓を空けている、あのシャンパーニュです。

早速、1本目のDiebolt Valloisのblanc de blanc(白ブドウのみから造られるもの)を。口に含んだ途端、シャルドネのボリュームのある熟成感に、すっかり優雅な気分に。あまりにも美味しくて、一気に飲み干してしまうほど。

こんな調子で目の前の2つのグラスに次から次へ、シャンパーニュのわんこそば状態。初めの5種類ほどは違いを楽しめたものの、もう、途中からはどれがどれだかさっぱり・・・。ただただ楽しいおしゃべりに熱中です。

S氏がガイドをつとめるサイトにて、「よく分かる政治」ガイドを長年つとめていらっしゃる方とも同じテーブルに。アメリカとの関係、税金、日本の政治家などなどについての興味深いお話をたくさん聞かせていただきました。シャンパーニュだけでなく、政治のワンポイント講座まで!

また、シェフがシャンパーニュに合う料理を・・・と、腕によりをかけてくれたお料理も次から次へ。

S氏が八ヶ岳で収穫してきてくれた野菜が、もぉどれもこれも本当に滋味深い。ハーブなどの香草類は青々していてたくましい。苦味も際立ち個性がくっきり。野菜も甘味や酸味がきっちり出ていて、特に、フォワグラの下に敷いたズッキーニの甘味は、ソーテルヌ(甘口の貴腐ワイン)の代わりをしてくれている!と思った程。

参加者のみなさんと感激しながら堪能しているうちに、12本+α(S氏が1本追加してくれていました)のシャンパーニュはいつの間にかすべて空っぽに・・・。

d2984a23.jpg

圧巻!こんな贅沢なことが出来るのは、ワイン好きが集まるからこそですね。お腹も満たされシャンパーニュ漬けにもなり、ふ?、ため息。

と言いつつ、友人と私はその足でスペインバルへ寄り道を。生ハムやピンチョスをつまみながら軽く一杯飲み、それから帰途についたのでした。あ?、幸せ♪食のペース・好みの合う友人は、私にとってはひじょーに大切です。

これを読んで引くこともなく「私もついていける!」「ボクも!」と思った方々、ぜひ、これからもご一緒しましょう♪お互い健康に気を付けながらね。

at 23:14|Permalink ワインのこと 

July 10, 2006

札幌にて

■チーズのご縁

217d479d.jpg
年1回開催される、チーズプロフェッショナル協会主催の「チーズ基本講習会」に参加するため、札幌へ行ってきました。

東京でも開催されていたのですが、日程表を見ると、朝から夕方まで、丸2日間拘束されてしまう上に、そのうち1日はどうしても都合がつかない。

チーズの先生からは、「色々と新しい情報もあるので、今年も受講しておいてね!」とのお達しもあり、是非とも参加したいところ・・・。そのため、「受講料払っても半分しか聴けないのはなぁ・・・」と悩んでいたのです。

ふと思い出したのが、ANAのマイレージが年末にざっくり期限切れを迎えてしまうこと。「そうだ!」と、改めて日程表を見てみると、札幌での開催日なら参加できることが判明!

札幌での講義は、東京での丸2日の内容を、1日分に縮めたダイジェスト版とのこと。

チーズプロフェッショナル協会に問い合わせてみたら、「東京で半分だけ出席するよりも、札幌で丸1日参加した方がよいでしょう」とのアドバイスもあり、迷わずその勢いで申し込みしてしまいました。

東京にいると、どうしても他のオプションを考えなくなってしまうクセが染み付いているようです。何を勉強するにも、何を鑑賞するにも、「東京にはないものがない」ですからね。改めて、恵まれた環境に暮らしているんだな、と実感です。

さて、講習会は日曜日なので、土曜日に札幌入りし、月曜日に帰ってくることに。

講習会は、何百人と参加する東京とは違って、こちらは30人前後。それもあってか、受付を済ませたら、「今晩、懇親会を予定しています。講師も参加しますので、よろしかったらどうぞ」とのお誘いが・・・。東京ではありえない展開に嬉しいオドロキ。もちろん、喜んで参加させてもらいました。

アカデミー・デュ・ヴァンの札幌提携校、札幌ワインアカデミーのチーズ講師の方々や、札幌のチーズ・プロフェッショナルの方々、そして今年の受験生のみなさんと交流を深めてきました。

協会の方々や講師陣は、私のチーズの先生のことをよくご存知!まったく知人のいない土地でも、チーズのおかげで、すんなり溶け込ませていただきました。チーズのご縁に感謝です。

■つかの間の休息

そして、丸1日カンヅメの講習会以外は、札幌散策を。

以前から気になっていたイサム・ノグチ設計のモエレ沼公園へ足を延ばし、ちょうど出くわした「海の噴水」ショーに感激!水が勢い良く噴出したと思ったら、みるみる退いていったり・・・。地球が生まれてきた時ってこんな感じなのかな?と思わせる40分間です。敷地内にあるモエレ山にも登り、大地のパワーも満喫。たくましいシロツメクサの群れがあちらこちらに。

b4a7c77f.jpg

837edbde.jpg
ef76e668.jpg

果実倶楽部818では、旨味のしっかりした野菜や果物を使った食事を。トマトが本当に美味しい!食前にシャンパーニュをお願いしたら、さくらんぼのカクテルを付けてくれました♪

おみやげには、なんとバナナ一房(!)と熟れ加減のちょうど良いマンゴーを持たせてくれました。「旅人にバナナを一房って・・・」と唖然としましたが、翌日、大通り公園のベンチでひなたぼっこしながら、マンゴーと一緒にいただきました。さすがに全部は食べられませんでしたけどね。

4a8f8f28.jpg
cb15b648.jpg

92f5d34b.jpg

札幌といえば、海鮮丼とスープカリーも忘れずに・・・。

cf081617.jpg
 0c86f526.jpg

9beaf768.jpg
あと、ものすごーく気に入ったのが、RHAPSODYというチョコレートバー。

都内にもいくつかお店があるようですが、このお店は何といっても立地の良さがバツグン。

付近は閑静な街並み。目の前は、札幌のパワースポットといわれている北海道神宮で緑が目に優しい。店内も落ち着いていて、店員さんの距離感も心地よい♪

チョコレートも舌触りが滑らかで優雅な風味。それに合わせたワインやシェリーもピッタリです。一口ごとに深呼吸してリラックスしていくよう・・・。近くに住んでいたら、間違いなく通い詰めてしまうお店です。

ワインの試験前に札幌へ出かけるのは時間的にもキツイかなぁ・・・、と思ったりもしましたが、勢いよく行ってよかった!なぜなら、顔がひとりでにニッコニコ。旅好きは、ムリをしてでも出かけた方が心身ともに良い影響があるようです。

at 23:17|Permalink 旅したコト 

July 03, 2006

今年前半最後の週は

■気付いてみれば飲んでばかり・・・

近頃、内省する時間がなかなか取れず、流れに身を任せています。そのため、ブログの内容も表面的なものになりがちで・・・。

グラス 月曜日: 2005年ソムリエ日本一・佐藤氏のお店、Maxivinにて

ワイン試験を一緒に目指している海外経験豊富な素敵なおじさま2人と、既にワインの資格を持つ友人達とでディナー。私達が受験生だと分かるや否や、佐藤氏がテイスティングの「試験講座」を突如開始!それはそれは愛のある厳しい講座、いや、ディナーとなりました(汗)。

・ Sancere (ロワール・白)
・ Riesling QbA Trocken (ラインガウ・白)
・ Rully 1er cru (コート・シャロネーズ・赤)
・ Gigondas Chateau de Saint Cosme (コート・デュ・ローヌ・赤)
・ Tocay (ハンガリー・甘口)
・ Calvados (りんごや洋ナシの醸造酒から造られる蒸留酒)

こんなにボトルを開けてしまうだなんて、おじさま方も予想しなかったのでは!? でも、あちこちのワインを比べるだなんて、普段はなかなかできない経験。いやはや、すっかりごちそうになってしまい・・・。本当にどうもありがとうございました。

グラス 火曜日: ワインスクールにて

今回のテーマは「ドイツワイン」。昨日飲んだリースリングは、さっぱり当たらなかったし・・・。ちょうど良い復習です。

・ Riesling QbA Classic (ラインガウ・白)
・ Riesling QmP Kavinett (シュタインベルガー・白)
・ Riesling QmP Spatlese (シュタインベルガー・白)
・ Spatburgunder QbA Halbtrocken (アスマンハウゼン・赤)

ところで、今年からワイン資格認定試験の制度が大幅に変わることになり、ちょうど試験範囲の発表があったところです。

(昨年までは、事前に試験範囲の発表はありませんでした。その代わり、試験の2ヶ月ほど前に事前講習会が行われ、その中で触れたところが試験に出る、と言われていたのです。ところが今年は、その事前講習会が試験当日の午前中に行われることに!混乱を防ぐためにも、今年は、試験範囲を事前に発表することになったそうです。)

あの田崎真也さんがソムリエ協会の幹部でもあるので、試験範囲に、彼の造詣の深い「日本酒」「焼酎」「ミネラルウォーター」なども含まれるようになりました。「日本人のソムリエとして世界で活躍するには、日本の酒についての知識も必要だ!」ということからだとか。

エキスパートを目指す私は、さすがに「世界で活躍」という視点は持ち合わせておりませんが、まぁ、日本酒も焼酎も好きなので、勉強するまでですわ(笑)。

熱燗水曜日: 宮崎郷土料理「魚山亭」にて日本酒を

友人(メキシコ人)の甥っこ君が来日中。大学生の彼は、休暇を利用して世界あちこちを旅する真っ最中。

ヨーロッパを周ってきて、北京→上海→香港→ベトナム→また北京→東京、というルートで来たところ。楽しい写真や度肝を抜かれるような写真をたくさん見せてもらいました。これから先は、オーストラリア→ニュージーランド、、、と彼の旅は続くんだそうです。時間がたっぷりあるのはうらやましい?。 続きを読む

at 00:50|Permalink ワインのこと