August 2006

August 29, 2006

ワインエキスパート1次終了

■ほっと一息・・・

ワインエキスパートの試験が無事、終わりました!

会場の高輪プリンスホテル・パミール館は、全館受験生だらけ。友人、知人もいるはずなのに、現地ではまったく出会えないほど。女性の目立ったチーズプロフェッショナルの試験とは違い、ワインは男性率もなかなかのようです。

昼休みに、受験しているだなんてちっとも知らなかった会社の人(男子。見事受かるまでは誰だか内緒ね^^)に遭遇!仕事が超多忙なのは周知のことなので、

「えー、何でここにいるの?今まで勉強してたの?」
「いや、講習会で触れたところが全部テストに出る、って聞いたから、今日ぶっつけ本番ですよ!」

・・・さすが、優秀な人は言うこと、やることが違うのね、と妙な感心。結果が届いたら、こっそりメールで報告しあおうね!と約束しました。この勢いだと、彼は、きっと受かってしまうかも。そしたら、私の今までの頑張りは何だったの・・・??と悲しくなりそうですが。

さて、長い1日があっという間に終わり、友人とメールでやり取りの上、ようやく会場内でめぐり会い。その足で、「じゃ、飲みますか?」と近くのオイスターバーへ。

夕方5時半過ぎにもかかわらず、広い店内は結構な客入りです。夕方からみんな飲んじゃって、と思いつつ、「さて・・・」とワインを選んでいたら、お店の方が、「もしかしたら、今日はワイン試験のお帰りですか?」

「えっ、分かっちゃいましたか?」
「今、店内の半分近くのお客様は、試験帰りの方のようですよ・・・。それにしても、お客様はラッキーです。1次試験はパスされますよ。毎年、私が担当するテーブルの受験生の方は、みなさん1次試験を突破されているようですから。」

「え?っ??何で受かったって分かるんですかー?」
「『2次試験に進まれたら、ワインをグラス一杯ご馳走しますよ』と言うと、2次試験の日、『1次に受かったのでまた来ました!』って、今までのお客様はみなさんいらっしゃいましたから^^」

「ということは、私達も2次試験の帰りに、ワインをご馳走してもらえるってことですね?」
「はい、もちろんです」
「わーい!!」

と、縁起の良いお店で、縁起の良い方に接客していただいたのでした。

結果は9月5日に発送とのことなので、今からドキドキです。友人とともに、2次試験の帰りにワインをご馳走してもらえますように。

at 23:17|Permalink ワインのこと 

August 21, 2006

テスト1週間前!

■来週月曜日です!

9e09f9e0.jpg
ワインエキスパートを目指し、4月から勉強を始めて以来約5ヵ月。いよいよ来週8月28日は、日本ソムリエ協会の「呼称資格認定試験」です。

(どうでもいい話ですが、1次試験が「828」、2次試験が9/19なので「919」と、今年の試験日は覚えやすいです^^)

スクールでの授業も一通り終わり、先日は「直前講習」なるものが開催されました。12時?18時までの6時間、スクール作成の模擬試験を3回、解説付きで受験するものです。

何コマか用意されていたものの、すべてが平日の開催。ということで、夏休みの1日を使い、受講してきました。

結果の方は、「まぁ、こんなものかな?」という感じ。それよりも、だんだんお腹が空いてくるので、3回目のテストの時には、すっかりエネルギー切れ・・・。これには参りました。

試験当日は、9時から14時まで「講習会」というものがあり、肝心のテストは、その後の1時間で行われます。お昼休みがあるとはいえ、お腹が空いてエネルギー切れになったり、眠くなったりしないようにするのが一番かな?

講習会で触れたところが試験に出る可能性高し!ということなので、くれぐれも居眠りしないようにするのみです。

今週は、さすがに「最後の悪あがき」をしていましたので、ブログもこの辺で。。。

24cfae14.jpg

テスト後は、引き続き、2次試験に向けた講習会が17時まで行われるとのこと。そのため、来週月曜日は息絶える予定です。次回の更新は、火曜日にするつもりでいますのであしからず。

それでは、一緒に試験を目指すみなさま、当日は頑張りましょう!

at 00:22|Permalink ワインのこと 

August 14, 2006

ウォーキングシューズ

■体にやさしく

社会人になってからというもの、平日はパンプスが定番。それも5?7cmヒールがほとんど。
週末はさすがに履くことは少ないですが、それでもパンプス累積日数は、社会人年数に比例して増える一方・・・。

幸いにも外反母趾にはなっていなくても、それでも足の裏の皮膚は、所々、がっちがちに硬くなってしまっています。

以前はフスフレーゲスに通っていたり、最近では、たまにフットケアに行ってお手入れしてもらっていますが、毎回お決まりのセリフを言われます。「今は何とかしましたが、ヒールを履くのを止めない限り、また同じことの繰り返しですね・・・」って。

体のゆがみを作ってしまいやしないか心配ですが、全身のバランスや手持ちの洋服に合わせることを考えると、パンプスを履くのは止められないのです。

そんなところ、ポスチュアウォーキングの仲間達の間で大評判になっているのが、ニューバランスのシューズ

b7066aea.jpg

スニーカースニーカーしていなくて、パッと見はサンダル。

ヒールもまったくぺったんこ、という訳ではなく、かかとに向かってなだらかな高さもあり、特に、パンツを履くときにはもってこい!なのです。

パンプスにべったりおんぶに抱っこだった私にも、あまり抵抗感のないデザイン。

そして、デザインよりも何よりも、私の心を捉えてしまったのがインソールの感触。 聞くところによると、テンピュールを使用しているそうで、足を入れた時の心地よさには毎回うっとり。。。

足の裏全体にふわ?っ+しっかりホールドの低反発クッション。 電車の中で立っているだけでも、「何だか幸せだわ?」と思えてくるから不思議なものです。素足に履くと、より幸せ感を味わえます。

試しに白のサンダルを買ってみたところ、あまりの快適さに手放せず、最近、黒も買ってしまいました。
そのおかげで、今では、パンプス出番率は週に2、3度に。 心なしか、足の裏も、だんだん柔らかくなってきている気もします。

このシューズ、ピンクやペパーミントグリーン、ゴールドなどの色違いもあったようなのですが、既にどのサイズも完売していました。知っている人は知っているんですね。あと、ピンクも欲しかったんだけどな。。。残念。

会社で履いてると、「あれ?っ、なをみさん、今日は背が低いね!」などと、気付いてくれる人もいたり。それだけヒールの高い靴が定着していたのですね。

パンプスと100%縁を切ることはまだまだ難しそうですが、この夏はこのシューズで、体を多少は労わってあげようと思います。

at 00:27|Permalink 使って楽しいモノ 

August 07, 2006

Laguioleのナイフ

■切れ味スッパリ!

家飲みワインのお供にチーズを用意。コンテ、ブリ・ド・ムラン、セル・シュール・シェールの3種類。

ブリ・ド・ムランは、フェルミエさんが取り扱うロワゾー氏が熟成させたもの。口の中いっぱいに広がる香りには、すっかりやみつきです。他のブリ・ド・ムランが物足りなく思えてくるほど。

セル・シュール・シェールは、ヤギ乳製のチーズ。ほどよい酸味で、ミルクの風味も穏やかな今の時期には、ついつい手が伸びます。

コンテをカットするときに、そうだ!と思い出して取り出したのが、ライオールのナイフ

78a9bbc4.jpg

チーズの友が、「手に入ったから1本あげるよ!」と、手渡してくれたもの。

「ナイフ」といえば「ライオール」。以前から、ここのチーズナイフが欲しいなぁ?と思っていたので、喜びもひとしお。友人の太っ腹ぶりにも感謝、感謝です。

e69cf020.jpg
ライオールのナイフには、ミツバチのシンボルマークが付いています。

AOCチーズにも、同じ地名の名前を持つ「ライオル」というチーズがあります。

ライオルをカットするときに、このナイフを使うと洒落てるんだろうなぁ?、と思いながら、早速コンテをカット。

力も要らず、すーっとナイフが入っていった感触は、さすが伝統の切れ味。

カットが楽しくなって、すぱすぱカットの手が止まりませんでした♪

・・・ところで、話はまったく変わり、最近起こった物事をあれこれ振り返ってみました。

このナイフにしても、サンルイのイベント、聖子ちゃんのコンサート、シャンパーニュの会へのお誘い・・・。また、ブログにも書ききれない数々の嬉しい励ましやねぎらいの言葉など、どれもこれも、すべてが周囲の方々からの贈り物。

毎日こんなに満ち足りた気持ちで過ごすことができるのも、日頃、仲良くしてくれている方々の支えがあってのこと。自分ひとりでは到底なしえないことばかり。

様々なご縁に感謝するとともに、どうやったら周囲の方々へお返しができるのだろうか・・・?と、ふとした瞬間に考えます。与えてもらってばかりでは、人生、あまりにもアンバランスですものね。

こんなことを強く思うようになったきっかけが最近あった訳で・・・。この気持ちを忘れないように、とブログに書いてみたのでした。

at 00:33|Permalink チーズまわりのコト