September 2006

September 25, 2006

星のや軽井沢

■ひとやすみ

52cb4d51.jpg
ワインの勉強が一段落したのもつかの間、これから年末に向けて、様々なことが押し寄せてくる模様。

渦中に入り込んでしまう前に、ほ?っと息つく間が欲しいなぁ、と、星のや軽井沢へ!

ゆったり過ごすことが目的のため、ここは2泊以上の予約が基本。部屋にはCDプレイヤーが用意されているだけで、TVもDVDもなし。ひたすらのんびりできそうな環境です。

食事は自由気ままに・・・、ということで、宿泊費には含まれていません。敷地内の和食、車で送迎してもらえる近くの有機野菜をたっぷり使ったフレンチ、そして24時間対応してくれるというルームサービスも用意され、好きなものを好きな時に召し上がれ、という次第。

「部屋から出たくなぁ?い」、「眠りこけていたら食事の時間が終わっていた!」という事態にもこれなら安心。ということで、敢えて予約はせず、そのときの気分次第で行動することに。

宿泊者専用の温泉は源泉かけ流し。こちらも清掃時間を除けば、24時間入浴OK!「光」と「闇」の湯があって瞑想効果もあるとか。

夜に初めて入った時は他に誰ひとりなく、「ここが『闇の湯』なのかな?それなら『光の湯』はどこ??」と思いつつゆったりつかっていると、排水溝かと思ってぼんやり眺めていた四角い暗闇の奥から、いきなり他のお客さんが現れてビックリ!

恐る恐る「排水溝」へ入ってみたら、そこが真っ暗闇の「闇」の湯だったのでした。天井が低くて、ちょっと背伸びをすれば軽々届いてしまいます。瞑想効果があると言われればそうでしょうけれど、洞窟に迷いこんでしまったようで、閉所恐怖症の人にはいたたまれない空間かもしれませんね。

さて、東京からは新幹線で1時間ちょっとで軽井沢へ。とっておきのワインを1本ずつ持って行こう!と約束していたので、チェックイン前にアトリエ・ド・フロマージュへ寄ってチーズを、ASANOYAでおいしい?パンを仕入れてくつろぎの準備完了!

チェックイン場所は、宿泊場所の「集落」とは車で5分ほど離れた場所にて。車で向かった場合でも、どのみちそこで車を預けなければならず、「集落」へは1組ずつ車で送ってくれます。

川を生かした配置で、テラスから水辺を眺められる部屋。夕方には灯篭が浮かべられてロマンチック。

5ab0dd77.jpg

フロントやライブラリのある「集合の館」。和テイストと北欧デザインのミックスでモダンな雰囲気。

317b0bce.jpg
 4a92c2ca.jpg

すっかり気に入ったライブラリ。コーヒーやハーブティ、お茶菓子が自由に楽しめてカフェ代わりにも使えます。(イチゴのジェルが真ん中に入ったマシュマロが美味♪)

コーヒーは丸山珈琲の豆。ライブラリだけでなく部屋にもここのコーヒー豆が置いてあり、bodumのプレスポットで楽しめます。

2m四方のソファベッドもあり、「旅」の本を読みながら朝、晩とヒマさえあればここでゴロゴロ。

6dc4cbae.jpg

ライブラリから臨む木々は目にもほっ。

216f4be2.jpg

遅めの朝食は、川にせり出したテーブルで。川のせせらぎと鳥の声だけがBGM。

2839b9ac.jpg

星のやは、サービス、備品など、どれもすべてが「たっぷり」用意されていて、とても快適な「休息処」でした。

朝、昼、晩と温泉につかり、爽やかな空気でたっぷり深呼吸して、時計を気にすることなく過ごした2泊3日。エネルギー充電、完了です!

at 00:48|Permalink 旅したコト 

September 19, 2006

へとへとの2次試験

■これでおしまい!にしたい・・・

本日はワインエキスパート2次試験でした。結果はどうあれ、今はただひたすらぼーっとしていたい気分。

1次にパスしてからの約10日間、テイスティング三昧の日々。それがこれほど辛くなってくるとは想像していませんでした。

チーズの試験前は、まったく逆。チーズを毎回色々な種類食べられるのが楽しみだったので、覚えるのが大変とはいえ、苦痛になることはありませんでした。ワインも好きだけど、お腹にたまらないからなのか!?

7292beef.jpg
仕事をうまく切り上げ、スクールに滑り込むのが夜7時。それから2時間、ただひたすら赤・白3種類ずつ、ブラインドテイスティング。

日によっては、その後、何も食べずに補講を受けたことも・・・。終わるのが11時半だったりするものだから、吹き出物がぽつん、と出来てしまったり。

この3連休も毎日テイスティング。初日はお昼の12時から夕方5時までワインと格闘・・・。楽しいはずのワインが、だんだん重くなってきてしまいました。

そんな中、3連休の2日目は、明治神宮を散歩する時間が持てたのです。

原宿の雑踏とは打って変わった風景と空気は、ここが本当に東京なのか??と思ってしまうほど。

ひさ?しぶりに風に吹かれ、うっそうと茂る木々に囲まれているうちに、最近、頭を占めている雑多な事柄が、頭の上から糸のようにしゅるしゅる出て行く感じがしました。溜まっていたアルコールもすべて抜けていった気がしたほど。

青々とした芝生の上に大の字になって寝転んだら、体の底からエネルギーが湧いてくるような感じもしてきました。こんな元気な草を食べた牛のミルクで作ったチーズが食べてみたいな、なんてことも思ってみたり。

普段、忙しくても、あまり意識をしないように努めるクセがあるのですが、いつの間にか、ストレスを溜め込んでいたんだなー、と改めて自覚もしました。以前から「パワースポット」だとは聞いていましたが、体感したのは初めてです!

このような貴重な時間を持てたおかげで、その日の夜に待ち構えていた12種類のブラインド+食事も、テスト前日のブラインドも、気持ちをリセットして臨むことができました。正答率が低いのは相も変わらずでしたが・・・^^

今日の出来は、口頭試問もテイスティングもビミョー・・・、といったところです。まぁ、もう終わったことは考えても仕方なし。

明日からは、今までやりたくても本腰を入れられなかった事に向かっていきます!

at 23:36|Permalink ワインのこと 

September 11, 2006

1次通過しました♪

■ラストスパート突入!

ワインエキスパートの1次試験は、無事、通過いたしました。応援してくださったみなさん、本当にどうもありがとうございます!!

a571d1d5.jpg
1次試験のあと一緒にオイスターバーへ行った友人も、無事にパス!

あの縁起の良いお店もソムリエの方も、引き続き記録更新ですね☆2次試験後には、報告がてら、ワイン一杯をごちそうになってこようかな??

他の友人・知人達も、続々1次合格しているようです(会社の男子は海外出張中で、まだ結果知らずとのこと。どうなったでしょうね??)。あとはみんな揃って2次にも合格しますように・・・。

試験が終わってからこの数日、すっかり解放感にひたってしまいました。ゆったりした気持ちで食事に行ったり、心置きなく残業したり・・・。

それも束の間、週末から直前集中講座が開始しました。久しぶりにテイスティングを6種類してみましたが、う?ん、なかなか難しいですねぇ。

残りあと1週間ちょっと。もうひとふんばり、追い込みに頑張ります!!

at 00:03|Permalink ワインのこと 

September 04, 2006

バラの花束に囲まれて

■30人寄れば文殊の知恵!?1bad6926.jpg


ポスチュアウォーキングの先生のスタジオがこのたび完成!

先生の温かいご好意で、スタイリスト候補生の私達約30名に、お披露目の場を設けてくださいました。

真っ白で清潔感あふれる空間に一歩足を踏み入れると、窓の外の緑も目に優しく、心がほ?っとほぐれてきます。外界とは違う空気が流れているようです。

そんなステキな空間で祝杯をあげるために、お披露目会の幹事に手を挙げさせてもらいました。

これまで、ワインの勉強との両立で、すっかりみなさんに甘えさせてもらっていたので、少しでも恩返しにでもなれば、と思い・・・。

幹事の4人で飲み物・食べ物を用意して・・・、と準備を始めていたところ、スタジオ完成!以外にも、おめでたいことが重なっていることが分かってきました。

お誕生日を迎えられるスタッフの方、出産準備のため実家へ戻るというチームメイトなど、どれも、ハッピーなことばかり。

そのことが分かった途端、「どうやってサプライズで祝福しようか?」と、みなさんから色々なアイデアがあふれるように沸いてきたのです。

スタジオ完成のお祝いには、レッスン時にBGMを流す時に使ってもらえるようCDラジカセ、そして先生には大きなバラの花束を、お世話になっている会社の社長さんへは、同じバラのブートニアを、お誕生日の方にはケーキはもちろん、「年齢の本数のバラの花束」を、そして出産を控えている仲間には、全員ひとりひとり写真を撮り、メッセージを添えてアルバムにしよう!と、トントン拍子。

アイデアも次から次へあふれてくるし、その内容の決定までのスピードにも、内心、本当に舌を巻いてしまいました。

それを受け、バラの花束のアレンジを担当したのですが、これは私にとっては初体験。約100本になるバラをオーダーする機会なんて、そうそうあるものでもないですよね。

38293805.jpg

お世話になっているお花屋さんへ、いつものように気軽に相談したところ、「その数でしたら、卸に確認して確保しなければなりませんね・・・」と言われハッとしました。なぜって、いつも花を買う時は、お店へ寄って、「予算いくらで、こんなイメージでお願いします」と言えば済んでいたのですからね。

それに、花束の大きさも予想外でした。ちょっと考えれば分かることですが、とても両手に抱えきれる大きさではないはず。急遽、ドライバーさん確保もお願いしました。

時間的にギリギリの手配だったため、バラやドライバーさんの確保が固まるまでは仕事も手につかず(!)、まったくの冷や汗モノでした。ともあれ結果オーライ。無事に手配も完了し、胸をなでおろしたのでした。

当日も、食べ物の準備や、会場設営の細かい準備など、随所にみなさんのアイデアや技が散りばめられて、ここでも感動し通し・・・。

お披露目会はとても和やかで、バラの花も真っ白なスタジオに映え、仲間のみなさんともさらに心を通い合わせるひとときでもあり、心温まる時間を過ごすことができました。

この数日間、様々なバックグラウンドを持っているみなさんと、あれこれアイデアを出し合いながら物事を進めることが楽しくて、とても刺激的な日々だったのでした。普段過ごしている環境に慣れきっている私は、すっかり頭が固くなっているに違いありませんね。

それに、自分ひとりでは出来ることがとても限られているけれど、みんなで集まれば、こんなにステキなことが成し得るのね、と本当に感激でもあり・・・。また新たによき仲間ができたことをとても嬉しく感じた週末だったのでした。

at 00:04|Permalink 日々のデキゴト