November 2006

November 27, 2006

アルバ産の白トリュフ

■うっとり・・・

イタリアのピエモンテで採れるアルバ産の白トリュフ。

898d29eb.jpg

今にも独特の香りがふわぁ?っと立ち込めてくるよう。黒トリュフの3倍以上の価格で取引され、中でも最高級のものとされるのがアルバ産の白トリュフだそう。

まさに旬の今、「白」のコースを食しましょう!と、毎年、このコースを楽しんでいるという某イタリアンレストランの常連さんからお誘いを頂いていたのでした。

830bc466.jpg
来店の前日、たまたま目にしたコラム。何と、このアルバ産の白トリュフ1.5kgが、オークションで香港の実業家により約1,900万円で落札されたとか。

(これがチャリティディナーに使われた、という後日談は、日本では報道されなかったらしいですが・・・。)

東京のレストランでも、1スライスいくら、とか、1g3,000円する、などと耳にしていましたが、当日、案内されたテーブルに用意された白トリュフは↑の写真の量!

その白トリュフを、魚以外のすべてのお料理に、「ふんだんに」スライスしてもらえる、という話がついていたのでした。さすが常連さん!

cecd834d.jpg
まずは、「柚子風味のプロセッコゼリーが添えられた魚介マリネ」で興奮を静め、いよいよ白トリュフの出番。

白手袋をはめた手が、目にも止まらぬ速さで「鴨と馬のカルパッチョ」にシュシュシュシュシュ・・・。わぁ、カルパッチョが見えない。

「ポルチーニと白トリュフのパイ包み焼き」。栗まんじゅうのような外観のパイにナイフを入れた途端、ふわぁ?っと立ち上る独特のよい香りに思わず深呼吸。

ここまでで、今シーズン分の白トリュフをいただいてしまった感じです。

cd1d462f.jpg
お次のパスタは、白トリュフそのものを楽しめるように、とお店の方の計らいで、コースのイカ墨のタリオリーニが却下。

そして代わりに、具も何もないシンプルな「素」パスタが登場しました。

その上に、また白手袋が猛スピードでスライスを始め、時間にして約20秒もスライスしっぱなし。出来上がったのが、そのまんま「白トリュフのパスタ」。

こ、これには大興奮!周囲に立ち込める香りにうっとりしながら、無言でパスタを完食したのでした。

最後の「鹿肉のロースト」にも、シュシュシュシュシュ・・・。

チーズ、デザートもきちんといただき、これで「馬鹿のコース」終了です(馬のカルパッチョに、鹿のロースト・・・)。

一晩で一生分の白トリュフが胃袋の中に入ってしまいました。この1週間、残業で晩御飯を食べる時間のない悲しい日々が続いていたのですが、これで帳消しです。あと一週間、がんばるぞー!

at 00:52|Permalink 舌がよろこぶモノ 

November 20, 2006

イル・ボッロとパヴロヴァ

■今年の初ボジョレー

a1e09b72.jpg
六本木の旧防衛庁跡地向かいの奥まったエリアに、先月オープンしたレストラン、イル・ボッロ。あのサルヴァトーレ・フェラガモ監修とのことで、話題にも上っているそうですね。

今年のボジョレーヌーボーは、そのレストランを貸し切ってのパーティで楽しんできました♪

ソムリエ兼支配人は、通っていたワインスクールの講師もしている方。

試験講座の曜日を振り替えた時、この先生の授業を一度受けたことがあります。

ちょうどイル・ボッロの準備の佳境だったそうで、ワインリストを作る上でのポイントなどの話もされていたのですが、振り替えでポツンと出席した私には、どこのレストランを準備しているのか皆目分からず。。。

授業が終わり先生に、「あのー、今日振り替えで参加したので、先ほどのレストランがどこだか分からないのですが・・・」。

するとササッとカード入れを差し出し、「このレストランの準備です。もうじきオープンしますから、是非いらしてくださいね」、と正方形の可愛らしい名刺をいただいて帰ってきたのでした。それがこちら、だったのですね。

さて、少々遅れて到着してみると、それはそれはステキな空間の広がる中庭が。

d90e2a43.jpg
2Fの窓に映るは六本木ヒルズ

シックでロマンチック。キャンドルのほのかな灯りでくつろげるガーデンと対照的に、絢爛豪華なシャンデリアの瞬くバンケットルーム、マントルピースのあるダイニングスペース、ここぞ大人がお酒を楽しむ場だ!と言いたくなるような静かなバーエリアなど、すべてが開放されていたのでした。

04b77e86.jpg
d7692d29.jpg
a86b2428.jpg
7137e2dc.jpg
ボジョレーヌーボーのリゾットも!

肝心のヌーボーは、お約束のボジョレーのみならず、ミュスカデのヌーボーや、日本人が初めて作ったというサムライヌーボーも用意されていました。パーティの抽選会では、このサムライヌーボーが当たり、1本頂いて帰ってきましたよん☆

■オーストラリアのデザート

週末のホームパーティで、初めて目にして口にした美味し?いデザート、パヴロヴァ

932af6d8.jpg
bbff0ba0.jpg

お料理上手のメルボルン出身の奥様が手作りの上、「これは日本のどこにも売っていないケーキよ!」と、持参してくださいました。

ソ連のバレリーナ、アンナ・パヴロヴァが公演でオーストラリアに訪れたときに、宿泊先のホテルのパティシエが考案したものだとか。その後、ニュージーランドでも作られるようになったそうです。

全部メレンゲで出来ていて、低温のオーブンでゆっくり焼き上げるので、外はサクサク、中はマシュマロみたいにフワフワ!とても食感が軽いので、2ピースをペロっと平らげてしまいました。

まったくお腹にもたれないし、シンプルなのにとても美味♪

彼女のご近所でも評判になっているらしく、「今度、販売してみたら?売れるわよ?」と勧められているそう。書いている今でも、もう一度食べたーい!と思うくらいの美味しさです。

オーストラリアへ行く機会があったら、ぜひ試してみてくださいね☆

at 01:10|Permalink 舌がよろこぶモノ 

November 13, 2006

初冬のオススメ3連発

■nemoneさんによる「パーソナルカラー診断」

10年程前、耳にし出したカラーコーディネート。当時、たまたま目にしたチラシにひかれ見てもらったことがありました。肌や髪、目の色をもとに、似合う色のタイプを、「春夏秋冬」に分けた色のグループにあてはめる、というもの。

鏡の前に座り、顔の下に大きな布を当て、次から次へとぱらぱらめくっていくと、顔映りがパッとよくなる色や、逆にくすんでみえてしまう色が明らかになってきます。

その時、私が言われたのは「秋」。枯葉や土のようなアースカラーが似合うとのことでした。もともと好きな色合いだったこともあり、以来、ブラウン系、カーキなどを好んで身につけるように。

ところが最近になって、「もしかしたら、違うタイプの色も似合う気がする・・・」と思うことがあったのです。そこで、nemoneさんにカラー診断をお願いしました。

7024e9af.jpg

nemoneさんは、以前ブライダルプロデューサーのお仕事もしていた方で、アドバイスもとっても的確!そして、日当りの良い高輪の洋館で下された診断は「春」。10年前にやっていただいた方には申し訳ないですが、nemoneさんのアドバイスには心底納得したのでした。

診断後は、nemoneさんオリジナルの雑誌の切り抜きのファイルが登場。「これが『春』の人が似合うコーディネイトですよ」、と、さらにイメージを高めてくれるサービスまで!

うきうきした足取りで家に帰り、引き出しに長年眠っていた「春」カラーのひとつ、鮮やかなパープルのシャツを引っ張り出して着てみると、あら、顔映りがよいではないですか!?

似合わない、と思い込みながらも、何故かこれだけは捨てるに捨てられずしまいこんでいたシャツだったのですが、翌日アイロンをかけ会社に着ていくと、「珍しいわね。でもとってもよく似合う?」「顔の映りがとってもいいね」、と口々に賞賛の言葉が!

nemoneさんのおかげで、これからのコーディネートが徐々に変わっていきそうです。ご興味のある方は、ぜひnemoneさんへコンタクトを!

■Denaliさんの「地球一周カレンダー」

b846ff74.jpg
11月の声を聞いた途端、街にはクリスマス向けの商品や、来年の手帳やらカレンダーが並び出しましたよね。ふー、毎年、1年があっという間に過ぎてしまいます。

さて、今年、部屋で使っているカレンダーは、びーとさんの大親友で、イラストレーターのDelaliさんが作っているモノ

Denaliさんは、今年の6月、今まで勤めていた広告会社を退職し、7月から10月までの3ヶ月を、船に乗り、地球一周の旅へ出ていたそう。ステキ?☆

2007年のカレンダーは、その旅のインスピレーションが盛り込まれるそうで、出来上がりが今から楽しみ♪

これからは、イラストレーターとして本腰を入れてやっていく、とのことで、彼女のテイストが大のお気に入りの私は、心から応援したいと思っています。

カレンダーの注文はこちらから!11月20日までですよ?。

■びーとさんの舞台「愛撃」@新宿タイニィアリス

そして、そのびーとさんは、経営コンサルタントでもありながら舞台女優の顔を持つ、という多芸多才な女性。

11月22日?26日には、びーとさんの所属する「劇団印象」による「愛撃」@新宿タイニィアリスでの公演を控えています。とってもキュートな容貌と、良く通る美しい声を見逃す訳にはいけません!

597bf8f1.jpg
このチラシはDenaliさんによるものです☆

ご興味のある方は、こちらからお申し込みを!!

以上、初冬のオススメ3件でした♪

at 00:39|Permalink お気に入りのモノ 

November 06, 2006

御岳山へハイキング

■久しぶり?

7379b5e7.jpg
ここ1、2年の運動不足もあり、連休中は御岳山へハイキングへ行くことに。バックパックをそういえば持っていなかったなぁ、と、この際ひとつ選ぶことに。

間違ってもアウトドア派ではない私、ごっついのを買ったところで、2度と使う気もないだろうし・・・。これからも楽しく使えるもので、何かないかな、と、思い当たったのがHerve Chapelier

シンプルの上に機能的で、素材も張りがあって一目ぼれ。迷わず購入です。

さて、当日は新品のエルベに、天然酵母のパン、フランスの山のチーズ3種類、生ハムなどのお惣菜とランチョンマットを詰め込んで、ピクニック気分満点!

JR御嶽駅に到着すると、大変な人込みにビックリ。駅のホームから改札を出るまでの間で既に大行列。普段、ハイキングに行くことなんてしないものだから、こんなに多くの人達が押し寄せてくるとは夢にも思いませんでした。

臨時バスに乗って、駅から数分のケーブルカー乗り場へ向かい、そこから御岳山へ。今回のコースは、日の出山頂を目指し頂上でランチ、そこから反対側へ下山するというもの。

日の出山へ向かう途中、大勢いた登山客も、気付けばほとんどいなくなり・・・。あんなに大勢いた人達はどこへ消えたのでしょうか?

途中休みながらも、一歩一歩山頂目指して進んでいくと、上の方から何人も、猛ダッシュで駆け下りてくるツワモノグループと遭遇。こっちはへーへー言っているのに、腿をぴょんぴょん高くあげて駆け下りてくる姿はまるでカモシカ。年の頃は30代か40代に見えますが、パワフルなグループがいるものなんですね・・・。

1時間ほど歩いたところで、頂上へ到着!見晴らしもよく、天気も良く、お腹の空き具合もちょうどいい頃合。

4d6029fd.jpg

運よく、1席しかなかったテーブル付きの特等席を確保でき、持ってきてもらったワインを開け、山の空気と一緒にパンやチーズを楽しむことしばし・・・。んー、至福の時♪

さて、お次は下山。こちらは登るよりももっと大変。段差も大きい上に傾斜もキツイ。足が笑う、という感覚を久しぶりに体験しました。

1時間半くらい歩いたところで下山完了!車道を歩いてしばらくすると、つるつる温泉が見えてきました。ハイキングの後に、すばらしい立地♪吸い寄せられるように入ってきました。

温泉で「笑って」いた足をもみほぐしてきましたが、目下、重症の筋肉痛に襲われています。座ってから立つのにも一苦労、歩くにも一歩踏み出す度にふくらはぎが痛む・・・。しばらく治まりそうにないようです。運動不足の身には、ハイキングはいきなり過ぎたようです。とほほ。

at 00:08|Permalink 旅したコト