日々のデキゴト

July 31, 2006

サンルイのクリスタル

■職人技にカンパイ!

a8e5ca9e.jpg
先日のシャンパーニュの会では、持参するシャンパーニュについてアドバイスを頂いたり・・・、と、近頃、何かとお世話になっているワインのプロ。

彼女の会社が事務局となっている、「アール・ド・ヴィーヴルの会」という会員制のイベントにお誘いをいただき、顔を出してまいりました(ついつい、口調も丁寧に・・・)。

イベントのテーマは、「サンルイのグラスでシャンパーニュを楽しむ」会

サンルイは、1586年創業のフランス最高峰の技術と伝統を誇るクリスタルメーカー。ロレーヌ地方の山間の工房で、職人技をいまだに伝えているブランドです。

日本での知名度はまだまだ低いようですが、パリ万博ではグランプリを受賞したり、ヴェルサイユ宮殿でのエリザベス女王を招いた食事会には、200セットのサンルイのグラスが「鏡の間」を埋め尽くしたとか、数々の逸話あり、です。

それでもビジネス的には、細々とやっていくには色々と状況も厳しいようで、あのエルメスが手を差し伸べたそう。店内のどこにも「Hermes」の文字は見当たりませんが、現在では、エルメス・グループの一員になっているんだそうです。

そんな贅沢極まるグラスで、シャンパーニュをいただけるなんて・・・♪、と少々ドレスアップして、丸の内のショップへお邪魔いたしました。

閉店後の店内は、目の覚めるようなモダンなデザインのシャンデリアと、マカロンを使った色鮮やかなディスプレイがお出迎え。

e34b73fb.jpg

マカロンは、あのSadaharu Aoki氏が前日に来店し、直接手がけてくれたそう!

834a4739.jpg

c479609c.jpg

8月中頃までの3週間を、1週間毎にテーマカラーに沿ってディスプレイを変え、青木氏が飾ってくれるそうです。近くへ行く機会があったら、覗いてみてはいかがでしょう?

さて、会が始まり、まずはエルメス・ジャポンの担当の方からブランドの歴史についてのお話を。それから、店内奥の特別サロンに招き入れられ、商品の製造工程についてビデオを見せてもらいました。

その職人技といったら、言葉が出ない!

まずは「ホットワーク」。工房の炉から、アツアツのとろけるクリスタルの種を、長い竿で適量だけ巻き取る「巻き取り職人」、それを受けて吹きながら成型していく「吹き職人」など、多くの職人さん達が汗をかきながら大奮闘。

「巻き取り職人」は、ただひたすら「巻き取る」だけ。「吹き職人」もただ「吹く」だけに専念しています。細かい作業のどれもが、分業・専業制!

ad62c580.jpg
特に、グラスのステム(持ち手)部分を作る様は、見ていて、呼吸をするのを忘れてしまうほど。

まだ熱いクリスタルの種を、ピンセットのような道具でつまみながら、びよ?んと伸ばす。それが、何個手がけても同じ長さ、太さ、まっすぐさ、なのです。

次は、カットや装飾などを施す「コールドワーク」。色の付いたグラスをカットするのは、内側からでは向こう側が透けてみえない。

そんなところをまったくあたりなしの目測で、ダイヤモンドのような美しいカットを施していくのです。

グラスの縁に24金の液体で模様を描くにも、筆でひとつひとつ職人さんが丁寧に描いてくし、1脚のグラスを作り上げるのに、どれだけ多くの職人さんの手がかかっていることか・・・。ため息。

完成品を楽しむには、その歴史や製造工程などを知っているのとそうでないのとでは、印象に残る度合いがまったく違う、ということを改めて実感したのでした。

さて、感慨に浸ったところで、いよいよサンルイのグラスでシャンパーニュを楽しむ時間!

2ce8b0ce.jpg
Louis Roedererの注がれた様々なデザインのグラスが並び、煌めく泡もエレガントに見えます。

好きなデザインのグラスを選び手に取ってみると、さすがクリスタル、ずっしりと心地よい重みを感じます。

カンパイして、目にも美味しいアミューズにも手を伸ばし、お互いのグラスを鑑賞しながら会話も弾み、優雅な時間が流れていく・・・。

空間、会話、周囲のすべてがエレガントなのに、つい、いつもの飲み癖で、シャンパーニュを人一倍お代わりしてしまうところがエレガントになりきれない私・・・。まっ、これは仕方ありませんね。

とはいえ、まさに「Art de Vivre」な夜でございました。

at 00:10|Permalink

July 24, 2006

Seiko in 武道館♪

■夢のお告げ?

ワインの試験もあとひと月・・・。平日は帰って寝るだけなので、週末こそ勉強しよう!と思いながらも、まとまった時間をなかなか作れないのが悩ましいところ(と、ちょっぴり言い訳・・・)。

そんなところ、この土曜日は久しぶりにのんびりできることに。
起きる時間を気にせず寝られることが嬉しかったのか、珍しく、見た夢をしっかり覚えていました。それは、何故だか体育館みたいな所で歌を歌う、というシチュエーション。

本番前にリハーサルがあって、その時はノドもすこぶる絶好調!周りの人からも、「声がよーく出てるねぇ」とほめられながらも、いざ、本番では、緊張のあまり歌詞をすっかり忘れ、声も出ないし、もぉ真っ青・・・というもの。

歌なんて、普段歌う機会はまーったくなし。夢占い的にはどういう意味があるんでしょうねぇ・・・と思いつつベッドから抜け出し、朝食済ませて、掃除、洗濯。そして、「さぁて、取りかかりますか・・・」と、ワインのテキストを開いた時。

「突然だけど、今日の夜空いてる?聖子ちゃんのコンサートのアリーナが1席あるんだけど」と、友人から電話が。

松田聖子の全国ツアーのファイナルが、武道館であるとのこと。

そういえば、彼女のコンサートって、1回も行ったことないなぁ。ワインの勉強も、だらだらやってても仕方ないしということで、お誘いに乗ることにしました(相変わらず誘惑に弱いですね・・・)。

友人と待ち合わせて、武道館へ向かうと、ほとんどが40代以上と思しき女性が列を成し。。。

867b5187.jpg

圧倒的に女性が多いとは聞いたことがあったけれど、目の当たりにしてビックリです。それも、ラブリーなフリフリのミニワンピース姿の人もいれば、聖子ちゃんの衣装を真似て作ったらしいイデタチの人もちらほら。もちろん男性ファンも詰めかけていましたが、女性パワーの方が優勢のようです。

そんな熱心なファンの方々がアリーナ席にはたくさん!

「赤いスイートピー」が始まったら、お約束らしく、造花の赤いスイートピーを持ってスイングする人多数。MC時には、会場から聖子ちゃんへ話しかける人も多数。

背中の開いたドレスを着ていたら、「聖子ちゃ?ん、うしろ姿見せて?!」
聖子:「えっ、背中ですか?そんなお見せするほどのものではないですが、いいんですか?それでは・・・」と、客席へキレイな背中を披露。

聖子:「次は、新しいアルバムの中からとっても好きな曲を歌います」
ファン:「ボク、買ったよ?!」「私も?!」「きゃー、私も!」
聖子:「あっ、買ってくださったのね。どうもありがとう」

聖子:「クリスマスにはディナーショーをやります。日程は12月の・・・」
ファン:「17、18、19日!」と大合唱。
聖子:「わー、スゴイ。覚えてくれてるのね。それでは場所は?」
ファン:「新高輪プ・リ・ン・ス・ホ・テ・ル・飛天の間!!」

とこんな調子(笑)。「聖子初心者」には、いやぁ新鮮で面白かったです。

ふと、後ろを振り返ると、藤井隆&乙葉ちゃん夫妻と、モト冬樹さんが並んで座っている姿を発見。その辺りは招待席だったようで、ノリノリの会場とは違い、そこだけ落ち着いた雰囲気エリアでした。

さて、コンサートは、最終日ということもあってか大盛り上がり。今年デビュー26周年だと言っていましたが、聖子ちゃんの体力や歌声、お肌の美しさには、さすがプロ!と唸るほど。とにかくとてもエネルギッシュ!

エンディングにはヒット曲メドレー。これが一番大盛り上がり!
「天国のキッス」「青い珊瑚礁」「制服」「チェリーブラッサム」「夏の扉」などなど、20年前の懐かしい歌ばかり。

「みんなも知っている曲ばかりだから、大きな声で一緒に歌ってね?!!」と聖子ちゃんに言われたものだから、遠慮なく、お腹の底から声を出して歌わせてもらいました♪おかげで、気分スッキリです。

ちょっと違うけど、夢と多少はかぶってるかな。もしかしたら、「予知夢」だったのかも!?

at 00:05|Permalink

June 05, 2006

ポスチュアスタイリスト

■今回は語ります?

いきなりですが、年初に立てた今年の目標が2つ+α。

ひとつは、「ワイン・エキスパート」の資格を取ること。

昨年、チーズプロフェショナルの資格を取得したことがきっかけで、それを生かした活動をしてみたいなぁ?、と漠然と思うようになりました。それにはまず、チーズと切っても切れないワインの知識を、系統立てて身に付ける必要があるかと。

ヒマさえあれば飲み歩いているようにみえるでしょうが、それはあくまでも「自主練」です(笑)。8月の1次試験に向け、4月からは学校へ通い始め、細切れの時間を見つけては、暗記、暗記、ひたすら暗記・・・の毎日。

これまでに「大量消費」してきたワインをひとつひとつ紐解いていくようで、もちろん大変な作業だけど、嫌いじゃないだけに、新しく知ることが多くて、とっても楽しい時間です。この山を越え、来年からはチーズを教えてみたり、チーズに関わる何かをしていきたいな、と考えるだけでワクワクします☆

そしてもうひとつが、「ポスチュアウォーキング」という歩き方を教える、「ポスチュアスタイリスト」になること。

「ウォーキング」といっても、巷でよく耳にする、スニーカーを履き、万歩計を付けて頑張って歩く健康目的のいわゆる「ウォーキング」や、本を頭のてっぺんに乗せてバランスよく歩く「モデル歩き」などとも違うもの。その中間版、といったところでしょうか。

ひとことで言うなら、老若男女問わず普通の人(モデルとか俳優ではなく、という意味)が、日常生活の中で取り入れられる方法で、歩く姿を美しくし、その結果、毎日を健康に過ごすことができる、というもの。

胸を張って姿勢良く歩くと、女性はますます美しくキレイに輝いてくるし、男性は自信にあふれ、信頼性も増してくるものだから、そうしない手はないと思いませんか?(個人的にも、そういう男女が日本中にあふれることを想像しては楽しくなります♪)

そして、これには嬉しいオマケがあるのです。
見た目が美しくなるだけでなく、姿勢がよくなる、とか、ヒップアップした、などという変化が体に現れると、「心」にも良い変化が現れてくることを実感できるのです。これは試してみれば分かる嬉しい誤算。

「体もすっきり、心もすっきり!」です。

それも、毎日欠かせない「歩く」という日常の行為を通して実現できるもの。

だから、何の準備もいらなければ、お金もかからないし、わざわざ時間を確保しなくても、通勤時や移動時などにできることなのです。

今の私のように、あれもしたい、これもしたい・・・、とお金や時間がいくらあっても足りない向きにはぴったりの方法。もちろん、男女問わず何歳であろうと、今すぐ使えるものなのです。

■出会い

ポスチュアウォーキングに出会ったきっかけは、4年前の夏のある蒸し暑い日、友人の友人が先生を知っていたことから誘われ、なんとな?くレッスンに顔を出したこと。

それまでも、周囲の人たちから、「姿勢いいね?」とは言われ続けていた私。ただ本人としては自覚がなく、また、姿勢が良い、ということにどんないいことがあるのか、なんて考えてみたこともありませんでした。

ところが、レッスンを受けてみて目を開かされることばかり。 続きを読む

at 00:21|Permalink

May 08, 2006

コーポラティブハウス訪問!

■西麻布で

f38abb4c.jpg
友人のコーポラティブハウスが遂に完成!

彼が購入を決めて以来、西麻布の行きつけのレストランでの食事の後は、「ちょっと寄ってみようか?」と、夜の散歩ごとく、建築現場を下見に訪れるのが私達の習慣に。

足場だけしかなかった土地が、行く度にリアルになってくる姿を見るに、ひとごとながらも完成を待ちわびていた私。

お披露目のお誘いを受けたGWに、いそいそとお邪魔させてもらいました。

料理の腕前がプロ級の彼のこと、それはそれはキッチンが充実!

アイランド・キッチンがどーんと鎮座し、料理を並べたカウンターは広々。作りつけの棚には、お酒が美しくディスプレイされ・・・。すぐにでもお店ができてしまいそう。間仕切りの障子も凝っていて、某デザイン事務所のサイトにも紹介されているほどです。

早速、かんば?い!と思いきや、「では、こっちに来てくれる?」と、家の主が玄関方面へ。

「???」と思いながらも、後にしたがい外へ出てみれば、すぐ脇には、眺めのよい緑あふれるテラスが!

f1d3ee3b.jpg

六本木ヒルズや東京タワーが臨める、最高に気分の良いスペースが広がっていたのでした。夏場のビールも今から楽しみ♪

花壇にはローズマリーなどのハーブや、ホンモノのモミの木が植わっていて、季節毎に色々と楽しめそう。住人のみなさんで、何を植えるか相談して決めたんだそうです。さすが、コーポラティブハウスならではですねぇ。

さて、きりりと冷えた泡で乾杯したら、彼の自慢の料理に舌鼓!

4126c4db.jpg
d60080dd.jpg

バゲットにブリ・ド・モーを乗せオーブンで軽く焼き、その上に洋ナシのマスタード入りジャムをのせたオードブル。

このジャムを入手してしまい、さて、どう使ったらいいかな?と考えて編み出したメニューとのこと。チーズのプロ(私のことです^^)も唸るほど、見事なマリアージュでした。好みでブラックペッパーをふって食べてもかな?りイケます♪

その他、モロッコ人も驚きの本格的なクスクス、毎回大好評のシェリービネガーを効かせたニンジンのマリネや、ギリシャのフェタチーズを使ったサラダ、同じくギリシャのチーズ「ハロウミ」を焼いてお酒のお供に。

このハロウミは、焼くと美味しさが倍増!焼いているときは、フレンチトーストのような匂いが感じられます。少々塩気がありますが、チーズ好きの私には、たまらない一品?。

家の中へ戻り、メインに、レバーの隠し味が絶妙のリガトーニのパン粉焼きを。お腹いっぱい、幸せいっぱい。

日が暮れると、東京タワーがライトアップされてクッキリと。

9220f329.jpg

ん?、今年のGWも、もう終わり。久しぶりにのんびり過ごす時間が持て、英気をたっぷり養いました。その分、これからしばらくは、エネルギー消耗の日々になりそう・・・。乗り切るぞ?!

at 00:18|Permalink

April 24, 2006

花を飾る

■ほんの一手間

相手の気持ちや好みに敏感で、贈り物のセンスがいつもステキだなぁ?と、常日頃思っている友人からのプレゼント。

ほんと?に1輪だけしか挿せない「一輪挿し」。

28b81607.jpg

こんな花器、今まで見たことがない!ガラスのスパイラルに支えられて、花が一輪、すーっと姿勢良く。目に留まるたび、その姿に思わずニッコリ。

青い花を挿した小瓶は、実は「廃物利用」。

93c2d85e.jpg

行きつけの美容院で、いつもと違う花の飾り方が気になったある日。小さな瓶に挿した花がサロンのあちらこちらに点々と。

「これ、可愛い?♪あちこちに飾ってあるようだけど、どうしたんですか?」

1回分のトリートメントの入った小瓶が、毎日、山のようにゴミとなる。もったいないので何かに使えないかな・・・、と小花を挿してみたら結構イケるじゃない!という次第とのこと。

「いいアイデアですね?。部屋にちょこっと置いてあるだけで楽しめそう♪」

・・・気付いてくれたことが嬉しかったそうで、帰り際に4つ、わざわざキレイに洗って持たせてくれたのでした^^

しばらく放ったらかしにしていたところ、このたび、一輪挿しのおでましと供に復活です。

それにしても、ほんの一輪挿すだけで十分なのに、最近の私ときたらそれすらもせず・・・。このところ生活がすさんでいたかなー?と反省した週末でもありました。

at 00:07|Permalink