ワインのこと

July 17, 2006

シャンパーニュづくし

■Champagne大集合!

胃袋つながりの友に誘われて、魅惑のシャンパーニュ持寄り会に参加。

主催者は、YahooとGoogleで「フレンチ」と検索すると、一番上に表示されるS氏(名刺にもそう書いてあるのです^^)。友人がS氏と昔からの知り合い、ということもあり、ワイン勉強中の私に声をかけてくれた、という次第。

参加者12名がそれぞれ1本、選りすぐりのシャンパーニュを持参するとのこと。

シャンパーニュに埋もれた経験はなく胸トキメキながらも、何のアイデアもない私はさぁ困った・・・。そこで、先日友人に紹介してもらった「1000のチーズ」のワインプロにお伺いを立てることに。

タイムリーにも、その彼女が書いたシャンパーニュの紹介記事が、レストランウェディングという雑誌に掲載中とのこと。その記事のPDFと共に、オススメのシャンパーニュをいくつか挙げてくれました。

その中から選んだのが、ラルマンディエ・ベルニエというもの。

fcd68fec.jpg

ブドウの栽培から醸造まで、一貫して行う家族経営のシャンパーニュで、初搾りの果汁だけで造られているもの。今、流行りのヴィオデナミ(自然有機農法)で造られている、というのも魅力的。すっきりしたシャープな味わいで、蒸し暑い季節にはピッタリ。

ということで、このシャンパーニュを抱いて、S氏の経営するビストロのひとつへ友人と一緒に向かいました。

いざ集まってみたら、12名誰ひとりとして同じシャンパーニュを選んできた人がいない。す、すごい!

a86f3d51.jpg
23bf1952.jpg
ce71fd8d.jpg
8dcb4e01.jpg

ac1e54b5.jpg
6bdb8965.jpg
1a55fdcf.jpg
0fd52e6f.jpg
下・左から2番目はF1レースの公式シャンパーニュ。表彰台で思いっきりシェイクしてプシューッと栓を空けている、あのシャンパーニュです。

早速、1本目のDiebolt Valloisのblanc de blanc(白ブドウのみから造られるもの)を。口に含んだ途端、シャルドネのボリュームのある熟成感に、すっかり優雅な気分に。あまりにも美味しくて、一気に飲み干してしまうほど。

こんな調子で目の前の2つのグラスに次から次へ、シャンパーニュのわんこそば状態。初めの5種類ほどは違いを楽しめたものの、もう、途中からはどれがどれだかさっぱり・・・。ただただ楽しいおしゃべりに熱中です。

S氏がガイドをつとめるサイトにて、「よく分かる政治」ガイドを長年つとめていらっしゃる方とも同じテーブルに。アメリカとの関係、税金、日本の政治家などなどについての興味深いお話をたくさん聞かせていただきました。シャンパーニュだけでなく、政治のワンポイント講座まで!

また、シェフがシャンパーニュに合う料理を・・・と、腕によりをかけてくれたお料理も次から次へ。

S氏が八ヶ岳で収穫してきてくれた野菜が、もぉどれもこれも本当に滋味深い。ハーブなどの香草類は青々していてたくましい。苦味も際立ち個性がくっきり。野菜も甘味や酸味がきっちり出ていて、特に、フォワグラの下に敷いたズッキーニの甘味は、ソーテルヌ(甘口の貴腐ワイン)の代わりをしてくれている!と思った程。

参加者のみなさんと感激しながら堪能しているうちに、12本+α(S氏が1本追加してくれていました)のシャンパーニュはいつの間にかすべて空っぽに・・・。

d2984a23.jpg

圧巻!こんな贅沢なことが出来るのは、ワイン好きが集まるからこそですね。お腹も満たされシャンパーニュ漬けにもなり、ふ?、ため息。

と言いつつ、友人と私はその足でスペインバルへ寄り道を。生ハムやピンチョスをつまみながら軽く一杯飲み、それから帰途についたのでした。あ?、幸せ♪食のペース・好みの合う友人は、私にとってはひじょーに大切です。

これを読んで引くこともなく「私もついていける!」「ボクも!」と思った方々、ぜひ、これからもご一緒しましょう♪お互い健康に気を付けながらね。

at 23:14|Permalink

July 03, 2006

今年前半最後の週は

■気付いてみれば飲んでばかり・・・

近頃、内省する時間がなかなか取れず、流れに身を任せています。そのため、ブログの内容も表面的なものになりがちで・・・。

グラス 月曜日: 2005年ソムリエ日本一・佐藤氏のお店、Maxivinにて

ワイン試験を一緒に目指している海外経験豊富な素敵なおじさま2人と、既にワインの資格を持つ友人達とでディナー。私達が受験生だと分かるや否や、佐藤氏がテイスティングの「試験講座」を突如開始!それはそれは愛のある厳しい講座、いや、ディナーとなりました(汗)。

・ Sancere (ロワール・白)
・ Riesling QbA Trocken (ラインガウ・白)
・ Rully 1er cru (コート・シャロネーズ・赤)
・ Gigondas Chateau de Saint Cosme (コート・デュ・ローヌ・赤)
・ Tocay (ハンガリー・甘口)
・ Calvados (りんごや洋ナシの醸造酒から造られる蒸留酒)

こんなにボトルを開けてしまうだなんて、おじさま方も予想しなかったのでは!? でも、あちこちのワインを比べるだなんて、普段はなかなかできない経験。いやはや、すっかりごちそうになってしまい・・・。本当にどうもありがとうございました。

グラス 火曜日: ワインスクールにて

今回のテーマは「ドイツワイン」。昨日飲んだリースリングは、さっぱり当たらなかったし・・・。ちょうど良い復習です。

・ Riesling QbA Classic (ラインガウ・白)
・ Riesling QmP Kavinett (シュタインベルガー・白)
・ Riesling QmP Spatlese (シュタインベルガー・白)
・ Spatburgunder QbA Halbtrocken (アスマンハウゼン・赤)

ところで、今年からワイン資格認定試験の制度が大幅に変わることになり、ちょうど試験範囲の発表があったところです。

(昨年までは、事前に試験範囲の発表はありませんでした。その代わり、試験の2ヶ月ほど前に事前講習会が行われ、その中で触れたところが試験に出る、と言われていたのです。ところが今年は、その事前講習会が試験当日の午前中に行われることに!混乱を防ぐためにも、今年は、試験範囲を事前に発表することになったそうです。)

あの田崎真也さんがソムリエ協会の幹部でもあるので、試験範囲に、彼の造詣の深い「日本酒」「焼酎」「ミネラルウォーター」なども含まれるようになりました。「日本人のソムリエとして世界で活躍するには、日本の酒についての知識も必要だ!」ということからだとか。

エキスパートを目指す私は、さすがに「世界で活躍」という視点は持ち合わせておりませんが、まぁ、日本酒も焼酎も好きなので、勉強するまでですわ(笑)。

熱燗水曜日: 宮崎郷土料理「魚山亭」にて日本酒を

友人(メキシコ人)の甥っこ君が来日中。大学生の彼は、休暇を利用して世界あちこちを旅する真っ最中。

ヨーロッパを周ってきて、北京→上海→香港→ベトナム→また北京→東京、というルートで来たところ。楽しい写真や度肝を抜かれるような写真をたくさん見せてもらいました。これから先は、オーストラリア→ニュージーランド、、、と彼の旅は続くんだそうです。時間がたっぷりあるのはうらやましい?。 続きを読む

at 00:50|Permalink

May 01, 2006

イタリアワインの会

■30?40年前のワイン

イタリアワイン通の友人に誘われ、ワイン会なるものに初参加。男女5名ずつ計10名で、美味しいイタリアンを食べながら、4種のイタリアワインを楽しもう!というもの。

みなさん、何年も集まり続けているそうで、さすがのワイン通ぞろい。

なぜかソムリエ資格を持つ某TV局マンや、ワイン愛好家のお医者さんご夫妻を始め、自宅マンションに200本入るワインセラーが3つと、そこに入りきらないワインが山となってしまい、ついには部屋を1つワイン用にして、四六時中クーラーをかけている私と同年代の男性幹事(会社員です、オドロキ)、などというツワモノどもとご一緒させていただきました。

今回は1960年代?70年代のイタリアワインがテーマ。古いイタリアワインは初めて?、ということで、それでは飲んだワインのご紹介。

*1978 Villa di Radi, Val d'Arbia (白)

a826fe6d.jpg
 
白ワインが、年月を経てすっかりと琥珀色に。見た目も紹興酒、香りも紹興酒そのもの。といっても、味わいは酸味が強く、紹興酒のような甘味をほとんど感じることもなく。やはりワインだったのでした・・・。

*1969 Vino Spanna, Cav.Ercole (赤)

6a70abf4.jpg

セメダインみたいな香り・・・。そうつぶやいたら、みなさんもうなづく、うなづく。透明感はなく、にごっていてレンガがかった色。タンニンの渋みはほとんどなく、酸味の際立ったワイン。

59f3abac.jpg

エチケットをよ?く見ると、ブドウのつるにネコがつかまり立ちしている図。レトロな雰囲気がいい感じ。

*1967 Spanna Riserva, Cantina Del Nonno (赤)

6e0188ab.jpg

ce43bff2.jpg

こちらは打って変わって、クリアな淡いルビー色の赤ワイン。少々レンガがかっていましたが。香りを嗅ぐと、血や鉄の香りが押し寄せてくる感じ。ボリューム感はありますが、タンニンは控えめ。

エチケットがこれも楽しい。ワイン蔵の中なのか、ワイン樽の上に、ろうそく、ワインオープナー、そしておそらく蔵の鍵らしきものの図。何かストーリーがありそうで、興味をそそるエチケット。

*1967 Venegazzu Rosso, Erico (赤)

f6165a23.jpg

これが一番ホッとしました(笑)。クリアで明るいルビー色。まろやかな酸味で、バランスよい味わい。

以上4種を楽しむ傍ら、サラダ、パスタ3種、肉、魚・・・、とボリュームのある食事も満喫。そして食後の〆には、デザートワインを。

16f99dc0.jpg
こればかりはイタリア物ではなく、フランス・ソーテルヌ地方バルザックのAOC 2003 Chateau Coutet(Premieur Cru)を。

ゴージャス感あふるる佇まいで、エチケットのキラキラ煌く黄金色にハレーションを起こし、写真がうまく撮れないほど。

甘いけれど決して甘ったるくなく、優雅な気分に浸れる美味しいデザートワイン。

今回、どのワインも2本ずつ用意され、同じヴィンテージで同じワインなのに、まったく別物のようなワインに仕上がっているという「ボトル差を楽しむ」ことを、今回初めて知ったのでした。

ワインにしろチーズにしろ、色々な楽しみ方があって、まだまだ興味は尽きないです。

また、初対面同士でも食の楽しみ方に通じるものがあれば、楽しい時間を共有することができるし、人の輪もどんどん広がっていくよう。そして、この会でも「世間は狭い」話が勃発!またの機会に参加してみようっと。

at 00:27|Permalink